キヤノンMJ、自動脆弱性対策機能を搭載したXDR製品を発売

ZDNET Japan Staff

2023-08-29 12:13

 キヤノンマーケティングジャパンは、自動でソフトウェアの脆弱(ぜいじゃく)性診断と脆弱性を修正するプログラム(パッチ)の適用を行う機能を搭載したXDR(拡張型脅威検知・対応)製品「ESET PROTECT Elite」を9月20日に発売すると発表した。

 新製品は、PCなどのエンドポイントを含む企業のIT環境に侵入するマルウェアなどの脅威の検知と、調査や分析などの対応に必要な機能を搭載する。特徴としては、監視対象のIT資産のOSおよびソフトウェアに存在する脆弱性の検査ならび脆弱性を修正するプログラムの適用を行う「ESET Vulnerability and Patch Management」を備えている。

 この機能では、定期的に脆弱性の有無を検査し、検出された脆弱性の内容や深刻度などから対応の優先順位を管理者などに提示したり、組織のセキュリティポリシーに合わせてパッチの適用を自動もしくは手動操作で設定したりできる。

 同社は、この機能によって脆弱性を悪用するサイバー攻撃の影響を未然に防げるようにし、万一の脅威の侵入にもXDRの機能で対処できるようにしていくと説明している。

 1ライセンス当たりの税別希望小売価格は、導入ライセンス数によって異なり、100~249ライセンス導入時では9720円、5000~9999ライセンス導入時では5970円となっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]