調査

コロナ禍で一時的に増えたPC出荷、再び減少に転じる

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2023-08-29 11:51

 2023年のPCの出荷台数は、新型コロナウイルスが流行し、多くの人が在宅勤務のために新しいデバイスを購入した2020年や2021年と比べると低水準に止まっている。調査会社IDCは米国時間8月28日に発表した統計で、2023年のPC出荷台数は前年比13.7%減の2億5200万台になると予想している

さまざまなPC
提供:Lenovo/CNET

 しかし、コロナ禍以降の右肩下がりの状況にも終わりが来るかもしれない。IDCは、2024年のPC出荷台数は2億6140万台に増加すると見込んでいる。

 継続的な減少の一因は、PCがスマートフォンやタブレット、ゲーム機などの小型のスマートデバイスと競合していることにある。

 IDCのMobility and Consumer Device Trackers担当リサーチマネージャーJitesh Ubrani氏は発表の中で、「この部門は引き続き経済的な逆風を受けており、消費者の需要はそれほど高いとは言えない」と述べた。

 同社によれば、AIもPC購入に関する企業の意思決定に影響を及ぼしているという。これは、AIを使用したタスクに適した製品が発売されるまで、PCの購入を延期したいと考える企業があるためだ。

 IDCは「生成AIの登場によって、IT分野の意思決定者は予算の優先順位を再検討している。今はまだAIの処理に適したPCは流通していないが、今後は登場するだろう」とした。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]