グーグル、「Duet AI」をクラウドセキュリティに統合

Charlie Osborne (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2023-08-30 11:43

 Googleは米国時間8月29日、サンフランシスコのモスコーニセンターで開催中の年次カンファレンス「Google Cloud Next」で、同社のクラウドおよびセキュリティソリューションの能力強化に重点を置く人工知能(AI)ベースの新たなソリューションを発表した。

Googleのロゴが映った人物の目
提供:Mohssen Assanimoghaddam/picture alliance via Getty Images

 Google Cloudでセキュリティ担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めるSunil Potti氏によると、同社の目的は「脅威の指数関数的な増加、セキュリティチームが望まれる成果を達成するのに要する労力、セキュリティ人材の慢性的な不足など、広範にわたるセキュリティ上の根本的な課題に対処すること」だという。

 これらの課題に対処する方法の1つは、「包括的なアプローチ」の一環としてAIを活用することだと同氏は述べている。プロセスを迅速化し、脅威の検出能力を高め、既存のワークフローを高速化する技術をセキュリティチームに提供することで、人が主導して操作する必要のある対策に集中するための時間と余裕が持てるという。

「Duet AI」とは

 5月に開催された開発者向け年次カンファレンス「Google I/O」で「Google Workspace」への統合が発表された「Duet Al」は、文章作成やスプレッドシートの改善、会議の議事録作成などをAIベースで支援する「常時稼働のAlコラボレーター」だ。クラウドに統合された「Duet AI for Google Cloud」では、コード開発支援、自然言語処理、ビジネスアプリケーション開発に重点を置いている。

 Googleは今回のカンファレンスで、このAIツールのセキュリティに関連する新機能を発表した。

「Duet AI in Mandiant Threat Intelligence」

 Duet AIは、クラウド防御用途の主要製品群に統合される。その第一弾が「Mandiant Threat Intelligence」だ。

Mandiant Threat Intelligenceの画面
提供:Google

 Mandiant Threat Intelligenceは、世界中のサイバー犯罪者や国家に支援された脅威実行者が使用する戦術・技術・手順(TTP:Tactics、 Techniques、Procedures)を含む脅威データを提供するサービスだ。Duet AIは理解しやすい形式でサマリーを生成し、敵対勢力とその技術に関する最新データをセキュリティチームに提供することで、防御側がネットワークを保護するため十分な情報に基づいた意思決定を行うのを支援できると同時に、脅威インテリジェンスを既存のセキュリティオペレーションセンター(SOC)ワークフローに統合しやすくする。

「Duet AI in Chronicle Security Operations」

 「Chronicle Security Operations」でも、Duet Alが利用可能になった。この統合は、現代のビジネスに対応するSOCへのGoogleの回答とも言える。

Duet Al in Chronicle Security Operations
の画面
提供:Google

 このAIシステムは、起きている事象について分かりやすいサマリーを作成し、重要な脅威に関する背景情報やガイダンスを提供することで、脅威検出とセキュリティ対策を合理化することに重点を置く。推奨される対応策も提案する。

 生成型Duet AIとの新たな統合においてとりわけ興味深い特徴は、自然言語処理が活用される仕組みだ。Googleによると、Duet AIがChronicleの自然言語検索を強化するため、防御者は自然言語で質問を入力できるようになる。Chronicleは質問内容からクエリーを生成し、「検索用に完全にマッピングされた構文を提示して、結果を迅速に絞り込んで反復できるようにする」という。

 また、「持続的な脅威からデジタル資産を保護する防御者をより適切に支援する」ため、Mandiant Hunt for Chronicle Security Operationsも発表された。こちらも現在プレビューが提供されている。同製品について、製品マネージャーのEd Murphy氏とシニア製品マーケティングマネージャーのShelly Tzoumas氏はこう説明する。

 「Chronicleに統合されたDuet Alは、クラウドの防御者が必要とする状況で適時、生成Alを活用した支援を提供する。検索、複雑なデータ分析、脅威検出エンジニアリングを簡素化することで、サイバー防御者による脅威検出、調査、対応を変革するのに役立ち、労力を削減しつつ各防御者の実効性を向上できる」

「Duet Al in Security Command Center」

 Security Command CenterのDuet AIは、セキュリティ上の発見や可能性のある攻撃経路をほぼ瞬時に分析し、チームが攻撃者の先手を打てるよう支援する。複雑な問題を単純化し、専門家ではなくてもより容易に組織を防御できるようにすることが可能だ。脅威の重要性、影響、推奨される改善策を要約することで労力を省き、重要な発見を見落とさないようになることが見込まれる。

Duet Al in Security Command Center
提供:Google

 「Duet AI in Mandiant Threat Intelligence」「Duet AI in Chronicle Security Operations」「Duet Al in Security Command Center」はいずれも現在プレビュー版が提供されており、2023年中に一般提供が開始される予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]