海外コメンタリー

AIによって発想の転換を迫られる企業、コストカットだけでは不十分

Eileen Yu (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2023-09-27 06:30

 企業が今後も競争力を維持していくためには、人工知能(AI)を単なるコストカットのための道具だと捉えるのではなく、AIでビジネスのあり方をどう変えられるかを考える必要がある。

水晶玉
提供:Artur Debat/Getty Images

 ITコンサルティング企業であるTomorrowの最高経営責任者(CEO)であり、未来学者でもあるMike Walsh氏は、21世紀の企業は製品やサービスの品質や価格ではなく、AIの使い方によってそのあり方が決まると述べている。Walsh氏は現地時間9月5日、シンガポールで開催されたST Engineering主催のイベント「InnoTech Conference」で講演した。

 同氏はその講演の中で、未来志向の企業は、製品やサービスの構築から、データを活用した隣接する市場にも適用可能なプラットフォームの開発へと重心を移していくだろうと語った。例として挙がったのはTeslaだ。同社は、自動車の製造だけにとどまらず保険サービスの提供にも事業を拡大し、ドライバーの振る舞いに関するリアルタイム情報を活用することでサービスを差別化している。

 生成AIへの関心の高まりをきっかけに、多くの企業が、データ資産の活用や、独自の大規模言語モデルの構築へと向かっている。Walsh氏は、それによって、新しいタイプの製品やサービスを支える独自のデータプラットフォームが生まれてくると付け加えた。

 すでにやっていることをAIでどう速く、安くできるようになるかではなく、AIによって物事のやり方をどう変えられるかを考える必要があると同氏は言う。

 AIは、スケール、スピード、持続可能性、スコープという4つの重要な分野に広く変化をもたらす。企業が事業運営を加速し、市場機会に迅速に対応できるようになるためには、そのための適切な「人材密度」やスタッフを把握しなければならない。

 しかし、Google、Meta、OpenAIなどのAIベンダーが構築しているような大規模な言語モデルを動かすには、莫大なコンピューティング能力が必要になる。このような需要の増加は、データセンターが持続可能で、再生可能なエネルギー源でだけで電力を賄えるようにならなければならないことを意味している。

 中でも最も重要なのは、スコープを広げることだ。もし、今やっていることを安くやれるようにすることしか考えていないようなら、可能性を見逃していることになるとWalsh氏は言う。

 AIがうまく活用されればビジネスも経済も活性化するが、それによって大きな混乱が起きるはずであり、その混乱を乗り切る必要がある。

 AIは、今後10年間で世界のGDPを7%(推定7兆ドル、約1040兆円)増加させると予想されている。シンガポールのJanil Puthuceary情報通信担当上級国務大臣は、Goldman Sachsのレポートを引用して、その過程では、あらゆる仕事の3分の2が何らかの形でAIによる自動化の影響を受ける可能性があると指摘した。

 Puthucheary氏は、同カンファレンスの講演で、デジタル化の加速に伴ってサイバーセキュリティ攻撃も増加しており、シンガポールでは2022年に132件のランサムウェア被害が報告されたと述べている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]