GitHub、「Dependabot」向けカスタム自動トリアージルールのベータ版を提供

河部恭紀 (編集部)

2023-09-15 14:57

 GitHubは米国時間9月14日、「Dependabot」でアラートを自動で無視したり再度開いたりすることを制御するカスタム自動トリアージルールのパブリックベータ版を提供した

 自動トリアージルールは、誤検出やアラート疲れの軽減を支援しながら、アラートのより適切な管理を可能にする。ルールには、対象となるアラートに一致した基準に加え、Dependabotがユーザーに代わって実行する判断が含まれる。誤検知のフィルタリングやパッチリリースまでのアラートのスヌーズが可能で、ルールが現在および将来のアラートに適用されるため、既存のアラートも一括で管理できる。

出典:GitHub
出典:GitHub

 カスタムルールと一致した既存・将来のアラートに対し、Dependabotはそれぞれ選択されたアクションを実行する。最初のパブリックベータ版は、リポジトリーレベルのルールに対応しているが、組織レベルでのルール管理も今後サポートする予定だという。

 Dependabot向けカスタム自動トリアージルールは、全てのパブリックリポジトリーでは無償で利用でき、プライベートリポジトリーでは「GitHub Advanced Security」の機能として利用できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]