インテル、ノートPC向け次期CPU「Meteor Lake」で電力効率を大幅向上へ

Stephen Shankland Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2023-09-20 10:52

UPDATE Intelの次世代のノートPC向けプロセッサー「Meteor Lake」(開発コード名)が、複数の「チップレット」(Intelの用語で「タイル」)をパンケーキのように積み重ねた設計で、重要な新時代の幕開けになるのは分かっていた。そして今回、新たな情報が明らかになった。それは、これらのチップレットの1つに、バッテリーにあまり負荷をかけずにノートPCの駆動を継続できる超低消費電力のCPUが搭載されるということだ。

Meteor Lake
提供:Stephen Shankland/CNET

 Intelは、米国時間9月19日に開幕したカンファレンス「Intel Innovation」で、Meteor Lakeの後継となる「Arrow Lake」「Lunar Lake」「Panther Lake」の詳細と併せて、この新たな設計の詳細を明らかにした。Intelの最高経営責任者(CEO)を務めるPat Gelsinger氏はまた、プロセッサーの設計と製造で同社が失ったリーダーシップを取り戻すための複数年にわたる取り組みの現状を報告した。Meteor Lakeはこの取り組みにおける1つの段階の中核を成す製品で、12月14日にローンチを予定しており、2023年最後のモデルとなるノートPCに搭載される見込みだ。

 Appleの「M」プロセッサーシリーズは一連の「MacBook」に搭載されており、バッテリー持続時間が長く、音の大きな冷却ファンもなく、プロセッサー効率の優位性を実証してきた。それに対し、Meteor Lakeは2つの重要な点で反撃に出る構えで、Intelが約束した通りのものを実現できれば、「Windows」搭載ノートPCを使っている大勢にとってより良い選択肢になるはずだ。

 1つ目は、Meteor Lakeの設計内部の主要な頭脳にあたる部分で、複数のCPUコアが搭載されたチップレット「コンピュートタイル」のアップデートだ。Intelの現行プロセッサー「Alder Lake」と同様、このプロセッサーにも、特に負荷の高いタスクに使われる大きな高性能CPUコアと、優先順位の比較的低い作業やバッテリー持続時間の向上のために使われる小さな高効率コアの両方が含まれる。Intelによると、Meteor LakeのCPUコアでは設計をアップデートしており、効率がさらに向上したほか、同様に効率化を図った新しい製造プロセス「Intel 4」を用いて製造されるという。

 ただし、別のタイルであるシステムオンチップ(SoC)チップレットに組み込まれた「Low Power Island」には、さらに効率的なCPUコアが搭載される。このプロセッサーは、高性能コアと高効率コアの間でソフトウェアのタスクを1秒間に何度も入れ替えて最良の結果を得るとともに、使われていないコアをアイドル状態にすることでバッテリー消費を低減できる。

 SoCの設計を主導したエンジニアリンググループのバイスプレジデント、Tim Wilson氏は次のように述べた。「最高の効率を実現するために、ワークロードがコアの間で何度も入れ替わることが分かるだろう」「多くの人にとって、バッテリー持続時間は今日、PCの性能と同じくらい重要となっている。Meteor Lakeはその両方で効果を発揮する」

 またこのチップでは、GPU上でのグラフィックス処理と、NPU(Neural Processing Unit)上での人工知能(AI)関連の処理が向上している。いずれも、最近のPCの性能、特にゲームや、動画/写真の編集といったタスクで使用するハイエンドPCの性能を語る上で鍵となるものだ。

 PCに搭載されているAI技術は、「ChatGPT」のようなスケールの大きな大規模言語モデル(LLM)を実行できるほど強力ではないが、「Adobe Lightroom」における写真の被写体を選択するタスクや、「Microsoft Teams」のビデオ会議におけるバックグラウンドノイズや音声ノイズを除去するタスクで用いられている。

Meteor Lakeに搭載される新たなグラフィックス能力

 IntelはMeteor Lakeプロセッサーを「Core Ultra」ブランドの下で販売する計画だ。また同社は、次世代統合型グラフィックスである「Xe LPG」(eは上付き文字)をこのプロセッサーで新たに採用する。Xe LPGは前世代の「Xe LP」よりも効率が高く、理論上はより低電圧かつ、より高駆動周波数で動作するため、バッテリー駆動時間をより長くすることができる。

 またXe LPGでは、同社の「Xe HPG」マイクロアーキテクチャーを採用したディスクリートグラフィックスチップに搭載している複数の重要な機能をこのGPUチップレットに搭載してもいる。

 これら機能には、レイトレーシング用の専用アクセラレーター(グラフィックスコアあたり1基で、GPUあたり最大8コアまで)のほか、メッシュシェーダーや可変レートシェーディング、サンプラーフィードバックのサポートといった、「DirectX 12 Ultimate」をサポートする上で必要となるものすべてが含まれている。

 このアーキテクチャーには、Intelのアップスケーリング技術である「XeSS」(Xe Super Sampling)に対するサポートも追加されている。なお、同技術は部分的にAIに依存している。また、XeSSによって「エンデュランスゲーミングモード」が可能になる。これは、バッテリーを何とかしてもたせたいという時のために、積極的なアップスケーリングとCPUスロットリングを組み合わせるという、Intel独自の省電力モードだ。

 Xe LPGにより、「Core Ultra」チップを搭載したノートPCは、10ビットHDRデコーディング/エンコーディングによる8K/60Hzモニター1台、あるいは4K/60HzのHDR(1440p/360Hzまたは1080p/360Hz)モニター4台をサポートできるとともに、「HDMI 2.1」にも対応している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]