松岡功の一言もの申す

マイクロソフトとオラクルが協業拡大--それぞれの思惑とは

松岡功

2023-09-21 10:15

 「Microsoft Azure」上で「Oracle Database」を利用できるようにする「Oracle Database@Azure」を発表したMicrosoftとOracle。協業拡大に向けたそれぞれの思惑を筆者なりに探ってみたい。

MicrosoftはなぜOracleと協業拡大したか

 「Oracleとのパートナーシップ拡大により、Microsoft AzureがOracle Databaseサービスを実行できるOracle以外の唯一のクラウドプロバイダーとなることで、お客さまによるクラウドを活用したイノベーションの創出をさらに支援できるものと期待している」(Microsoft 会長 兼 最高経営責任者〈CEO〉のSatya Nadella氏)

 「Azureのデータセンターに『Oracle Exadata』のハードウェアを配置することで、お客さまは最高のデータベースとネットワークのパフォーマンスを享受できるようになる。Microsoft との協業により、このクラス最高の機能をお客さまに提供できることを誇りに思う」(Oracle 会長 兼 最高技術責任者〈CTO〉のLarry Ellison氏)

左から、MicrosoftのSatya Nadella氏とOracleのLarry Ellison氏
左から、MicrosoftのSatya Nadella氏とOracleのLarry Ellison氏

 MicrosoftとOracleが米国時間9月14日、クラウド事業での協業拡大を発表した。発表は、両社のトップが進行役の質問に答えながらの会談形式で行われ、Nadella氏とEllison氏のツーショットが話題を呼んだ。協業拡大の内容については発表記事を参照されたい。その核心については、上記の両氏の発言に集約されている。

 両社の協業、とりわけクラウド分野におけるOracle Databaseの動きについて、筆者は本連載でこれまでも幾度か取り上げてきたので、そうした背景も踏まえて考察したい。

 まず、大前提として、ユーザーにとってはAzureおよびOracle Databaseを利用する上での環境の選択肢が増える形になるので、朗報だ。ユーザーからは歓迎される動きである。

 ただ、これまでの経緯からいって、今回の協業拡大は予想された動きとも見て取れる。AzureとOracle Databaseを巡っては、まず2019年に両サービスを接続できるようにした「Microsoft Interconnect」が登場。そして2022年7月には両サービスを密接に連携させて利用できるようにした「Oracle Database Services for Azure」が発表された。今回のOracle Database@Azureは、その流れでさらに踏み込んだ第3弾の動きと見られるからだ。

 そうした経緯があるものの、そもそも両社が協業拡大を図った理由はどこにあるのか。大前提として挙げたユーザーメリットは別として、両社それぞれの思惑を探ってみよう。

 Microsoftにとっては、新サービスによってこれまで取り込めなかったエンタープライズ(大企業)ユーザーを新たな顧客対象とすることができるようになる。この点について補足しておくと、オンプレミス環境のデータベースでは、Oracle Databaseと「Microsoft SQL Server」が競合関係だが、エンタープライズユーザー向けではOracle Databaseが大きくリードしており、それがクラウド環境でも続いている状態だ。従って、Microsoftにとっては新規ユーザーを増やす絶好のチャンスを得たとの思惑があろう。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]