Dataiku Japanとデロイト トーマツが協業--顧客企業に対して「Dataiku」の導入を支援

NO BUDGET

2023-09-26 07:30

 Dataiku Japanは9月22日、デロイト トーマツと協業し、顧客企業に対して機械学習(ML)モデルの運用を管理する統合データサイエンスプラットフォーム「Dataiku」の導入を支援すると発表した。

 両社は、顧客企業がAIと機械学習運用(MLOps)を組織全体に取り入れ、ビジネスにおける活用の最大化を支援するという。

 Dataikuは、データ接続からデータ準備、モデル開発と検証、本番稼働化、運用管理・監視、モデル再構築といった一連のデータパイプラインのサイクルを、1つのプラットフォームで統制された状態で管理できるMLOps機能と仕組みを搭載。同プラットフォームを利用することで、1つのサービス上でデータ分析に関わる全ての人が、データ分析やAIモデルの設計・構築を効率的、効果的に実施できるようになる。

 また、顧客企業の要望に応じ、統合データサイエンスプラットフォームとして対話型生成AIのような最新のテクノロジーを一元化された環境で取り込みや、統制された環境でのモデル開発や運用に適用可能な仕組みの提供ができる。

 さらに、データ分析やモデルによる出力をリアルタイムでダッシュボード化や、ビジネス部門がインタラクティブに利用できるウェブアプリの開発や統制が可能な仕組みを提供できるという。

 デロイト トーマツは、Dataiku導入のアドバイザリーサービスを提供し、データ分析基盤の構築支援、AI技術の本番活用、組織全体へのMLopsの取り入れやAI人材の育成支援を実施。また、データマネジメント、データガバナンスの導入支援を行う。これによりAI技術の恩恵を全てのビジネスユーザーが享受できる環境の創出を目指すとしている。

 

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]