Sansan、「Eight」を名刺アプリへとリニューアル--「タッチ名刺交換」を提供開始

河部恭紀 (編集部)

2023-09-26 16:31

 Sansanは9月26日、同社が提供する「Eight」について、新しい名刺交換機能「タッチ名刺交換」の提供開始に伴い、キャリアプロフィールから名刺アプリへとリニューアルしたと発表した。

 Eightは2012年に名刺管理アプリとして提供が開始され、自身の名刺をプロフィールに登録した認証ユーザー数は330万人を上回り、中小企業向けの名刺管理サービス「Eight Team」も4000社を超える企業が導入しているという。提供開始からの11年で多くの機能を拡充し、最近ではキャリアプロフィールアプリとして、ビジネスパーソンと企業の出会いをサポートしてきたと取締役/執行役員 Eight事業部 事業部長の塩見賢治氏は振り返る。

画像1

 また、Eight事業ではBtoB領域のイベントビジネスにも力を入れており、4月には1万8000人が来場した「Eight Networking EXPO 2023」を開催している。同ビジネスを今後さらに強化し、ビジネスパーソンの出会いの場を創出すると塩見氏は述べる。

 紙の名刺を起点にビジネスパーソンの出会い、その後のつながり、キャリア形成をサポートしてきたが、これからのEightは名刺管理にとどまらず、ビジネスパーソンの出会いの体験そのものを進化させるという。同社がEight提供開始時に掲げたテーマ「紙の名刺がいらない世界をつくる」を実現する時が来たと塩見氏はアピールする。

 今回のリニューアルの背景にはコロナ禍による変化があるという。コロナ禍によって人々の生活様式がさまざまな面で変化したが、その一つ例として、デジタル技術を活用した決済方法が挙げられる。同様に、ビジネスにおいても、チャットツールやビデオツールなどのデジタル技術が発達し、スマートフォンだけで仕事を完結させるビジネスパーソンが増加している。

 Eightの名刺取り込み枚数も、コロナ禍で一度は落ち込んだものの、2023年5〜8月ではコロナ前の同時期と比べて、103%まで増加しているという。ビジネスパーソンの出会いの場がオンラインからオフラインに戻りつつあると塩見氏は強調する。

 Eightは、このようなオフライン回帰の流れを受け、名刺交換から名刺管理、名刺交換相手の異動・昇進・転職といった近況把握まで全てをスマートフォン一つで可能にする名刺アプリへとリニューアルするという。

 リニューアルされたEightは、ホーム画面に「名刺交換」「フィード」「カメラ」「連絡先」「自分」タブが用意される。名刺交換タブでは、タッチ名刺交換を利用できる。

Eightの画面
Eightの画面

 タッチ名刺交換は、Eightユーザー同士がスマートフォンを近づけるだけでデジタル名刺を一瞬で交換できる。Eightユーザーを検知すると「端末同士を近づけてください」とのメッセージが表示される。スマートフォンを近づけるとデジタル名刺が交換され、「名刺交換が完了しました」と表示される。

 「タッチ名刺交換であれば、商談時の名刺切れ、交換した名刺の紛失といった紙の名刺が抱える課題を解決することができる」とEight事業部 ビジネス推進部 副部長を務める橋本剛氏は説明する。

 名刺を交換した相手の情報は、プロフィール画面に表示される。所属組織、住所、氏名、電話番号、メールアドレスといった情報に加え、接点のある同僚やこれまでのキャリアのサマリーや近況も確認ができる。

 タッチ名刺交換は、Bluetooth Low Energy(BLE)で実現しているので、同規格をサポートしている「iOS」「Android」搭載スマートフォンなら利用できる。Eightユーザーでない相手とデジタル名刺を交換する場合、QRコードの表示やURLリンクの共有で対応できる。

 タッチ名刺交換の活用シーンとしては、取引先との対面での商談はもちろんのこと、オフラインイベントや大規模なカンファレンス、ビジネスパーソンの懇親会、コミュニティー交流会などが考えられると橋本氏。名刺切れが発生しやすいオフラインイベントやカンファレンスで親和性が高いことから、Eight事業が主催するオフラインのイベントでタッチ名刺交換の活用を推進する考えだという。

 Eightのイベント活用においては、新機能の提供を2024年に予定しているという。Eightを個人のIDとし、スマートフォンをかざすだけでイベントの受付が完了できるようにすると橋本氏は明らかにした。また、従来のイベント受付では、受付対応スタッフが来場者の名刺を回収し、名刺情報を入力していたが、今後は受付で来場者にスマートフォンでタッチをしてもらうだけで名刺情報が取得できるようにし、少人数の受付スタッフで対応できるようオペレーションを整えていきたいとの考えも同氏は示した。

 今後の事業戦略としては、Eightのリニューアルをきっかけにユーザー数と名刺交換枚数を拡大していきたいという。タッチ名刺交換を利用するアクティブなユーザーの増加は、有料の個人向けプレミアム機能やEight Teamといった隣接するサービスの売り上げ拡大に寄与すると橋本氏は考える。また、Eightが主催するイベントの参加体験を向上させ、タッチ名刺交換がイベントへの集客や満足度向上を後押しすることで事業成長につなげていきたいとする。

 今回のリニューアルに合わせて、Eightのロゴも刷新されている。また、同社は、タッチ名刺交換を「Sansan」の名刺交換機能に今後実装することも考えているという。

Eightの新しいロゴ
Eightの新しいロゴ
塩見賢治氏(左)と橋本剛氏
塩見賢治氏(左)と橋本剛氏
提供:Sansan

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]