厨房機器製造のホシザキ、極少アドオンでSAPのクラウド人事システムを導入

ZDNET Japan Staff

2023-09-28 15:49

 SAPジャパンは9月28日、業務用厨房機器製造のホシザキ(愛知県豊明市)が、SAPのクラウド人事システム「SAP SuccessFactors」を導入したと発表した。アドオン(機能拡張)を極力減らしているという。

 SAPによれば、ホシザキは同社および販売会社における国内の人事業務の人事給与システムに関して、システム以外に「Excel」による手作業の管理が多くオペレーションが煩雑になっており、各社の給与の運用・内規についてはシステムによる業務のカバー率が低いことが課題になっていた。

 このためホシザキは、業務標準化によるオペレーションの効率化を実現すべく、人事給与システムの導入を検討。国内グループで重複する業務の排除、属人的な業務の低減、定期的なシステム機能の強化の点で複数製品を比較して、SAP SuccessFactorsにした。

 この導入は、システムインテグレーションサービスのDTSが手掛けた。DTSがコンサルティングでホシザキが抱える課題を深掘り、整理し、新システムではアドオンを極力減らす方針にしたとのこと。導入プロジェクトは2021年に始まり、まずホシザキが導入。段階的に販売会社へ展開し、2023年8月時点で国内17社が本稼働させている。

 ホシザキは今後、グループでSAP SuccessFactorsのタレントマネジメントモジュールの拡張などを視野に入れて、人事業務全般の改善、人事戦略を通じた経営目標を実現するためのソリューション展開を推進するという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]