セブン−イレブン・ジャパン、「WOVN.io」導入--サステナビリティーの多言語発信を強化

NO BUDGET

2023-10-02 07:37

 Wovn Technologies(WOVN)は、セブン−イレブン・ジャパンがウェブサイト多言語化ソリューション「WOVN.io」を導入した発表した。同サービスは、セブン−イレブン・ジャパン公式ホームページ内にあるサステナビリティーページの英文公開に活用されている。

英語版のサステナビリティーページ
英語版のサステナビリティーページ

 WOVNが提供するWOVN.ioは、ウェブサイトを最大45言語・79のロケール(言語と地域の組み合わせ)に多言語化できる。既存のウェブサイトに後付けでき、多言語化に必要なシステム開発や多言語サイト運用にかかるコストの圧縮、人的リソースの削減、導入期間の短縮に貢献する。

 セブン−イレブン・ジャパンでは、WOVN.ioを活用することにより、管理画面で翻訳データを一元管理でき、直感的に翻訳修正・管理を行えると評価した。また今後対応言語を拡張する際にも柔軟に対応することができるのも大きなメリットとされた。さらに機械翻訳や用語集機能を活用しているため、タイムリーさが重要とされる情報も、一定の翻訳品質を保ちながら、人的・時間的リソースをかけることなくスピーディーに発信できるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]