ガートナー、「日本におけるコネクテッド・インダストリ・テクノロジのハイプ・サイクル:2023年」を発表

NO BUDGET

2023-10-05 07:33

 ガートナージャパン(Gartner)は、「日本におけるコネクテッド・インダストリ・テクノロジのハイプ・サイクル:2023年」を発表した。

 Gartnerのハイプサイクルは、イノベーションが過度にもてはやされる期間を経て幻滅期を迎え、最終的には市場や分野でその重要性や役割が理解され進化する共通のパターンを描いた図のこと。

 このハイプ・サイクルでは、さまざまな環境のスマート化(例:次世代型スマート・シティ、次世代型スマートマニュファクチャリング)やIoTやエッジコンピューティング(例:MEC向けエッジクラウド、デジタルツイン、エッジAI)などのテクノロジーやキーワードが取り上げられている。

日本におけるコネクテッド・インダストリ・テクノロジのハイプ・サイクル:2023年 出典:Gartner (2023年10月)
日本におけるコネクテッド・インダストリ・テクノロジのハイプ・サイクル:2023年
出典:Gartner(2023年10月)

 同社では、コネクテッドインダストリーへの転換は重要なトレンドで、この取り組みによって、企業は現実の世界のデジタル化や分析だけでなく、より的確な予測やその予測に即した行動をとることができるようになるとしている。また、この取り組みは、ドローン、ロボット、車両などの自動化をはじめとするテクノロジーイノベーションを促進させ、さまざまな産業のスマート化に貢献するという。

 同社が4月に実施した調査によると、70%以上の企業が、IoT関連技術、センシング、エッジコンピューティング、AI/ML(機械学習)、ワイヤレス通信などに関心を持っていると回答しているという。同社は、今後、新しいネットワーク技術やAIの利用動向によっては、企業におけるコネクテッドインダストリー関連技術の重要性がさらに高まり、テクノロジーの進化も加速するとみている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]