カーボンニュートラル(脱炭素)

EY Japan、ESGデジタル基盤のサービスを開始

ZDNET Japan Staff

2023-10-19 16:26

 コンサルティングファームのEY Japanは、企業でのESG(環境、社会、企業統治)の取り組みを支援するデジタルプラットフォームをMicrosoftと構築し、サービス提供を開始したと発表した。

 このプラットフォームは、EYのグローバルでの知見と日本独自の知見を組み合わせて開発し、日本語での利用や日本企業でニーズの高いGlobal Reporting Initiative(GRI)、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)などの枠組みに対応する。また、欧州連合(EU)域内の大企業や上場企業が対象にとなる「企業サステナビリティー報告指令(CSRD)」などの基準にも対応しており、日本とグローバルで事業を展開する企業にも適応可能とする。日本向けには、温室効果ガス(GHG)排出量結果、排出係数などの日本の現状に即した実測値を用いてのデモンストレーションを実施しており、手戻りのリスクを最小化して実導入できるという。

 主な機能は、「データ統合・可視化」「算出・予測」「レポーティング」「ベンチマーキング」の4つになる。「Microsoft Cloud for Sustainability」をベースに各種データソースから非財務情報を収集・分析して、ESG別に社内状況を可視化するほか、二酸化炭素の排出予測、改善施策による影響のシミュレーション、非財務情報の重要業績指標(KPI)管理と報告の支援、同業他社との比較分析ができる。

デジタルプラットフォームのイメージ
デジタルプラットフォームのイメージ

 また同社は、ESGの戦略策定や課題特定、同デジタルプラットフォームの実証ができる最長2日間のワークショップ型プログラムのサービスも提供する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]