「Slack」、ハドルミーティングで1人の時に流れる音楽を選択可能に

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-10-23 13:29

 パンデミックの発生によって人々のコミュニケーション方法に大きな変化が起き、オンライン会議が日々の仕事のうちで重要な位置を占めるようになった。そのオンライン会議につきものなのが、他の参加者が来るまでの気まずい待ち時間だ。今回、こうした待ち時間をより心地よく過ごせるようにする新機能が「Slack」に追加された。

jukebox機能の画面キャプチャー
提供:Slack

 Slackには既に「ハドルミーティング」という独自の会議機能が用意されており、この機能を使うことで、形式張った会議招待リンクを送信せずとも、ユーザーが気軽にビデオ/音声通話を開始できるようになっている。この機能は忙しい中で会議を始めるための素晴らしい選択肢と言えるだろう。

 Slackは米国時間10月18日、ハドルミーティングで他の参加者を待つ間、さまざまなタイプの音楽を再生できるようにする「huddles jukebox」という機能を発表した

 これまではゆったりしたジャズ(Smooth Jazz)が自動的に流れ、他の曲に変えることはできなかった。

 今回、Smooth Jazzの他に、「Waiting Room」や「Subway Music」「Whistle Tune」「Focus Beats」「Happy Bass」「Sound Bath」「Nature Meditation」といった新たなサウンドが利用可能になった。

 「環境設定」で音楽再生機能を無効化していなければ、今までと同様、他の参加者を待つ間に音楽が自動的に再生される。

 再生中の一時停止や、別の音楽への切り替えも可能だ。音楽は、他の参加者が呼び出しに応えた際に自動的に停止する。

 Slackの製品設計担当シニアディレクターであるAnna Niess氏によると、この機能はハドルミーティングで自分以外の参加者全員が退出した際に、穏やかに終了を促す目的も有しているという。

 同氏は「これは実用性も有している。音楽の再生によって、ハドルミーティングの場に最後まで残っている人に対して、退出を働きかけることなく、やんわりと最後の1人であることを伝えられるようになる」と発表の中で記している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]