NEC、信用金庫の営業力強化を支援する「営業支援クラウドサービス」提供

NO BUDGET

2023-10-23 17:58

 NECは信用金庫向けに、本部と営業店が一体となった営業計画の立案から実行・管理・分析までをサポートする「営業支援クラウドサービス」の提供を開始したと発表した。2026年度までに30金庫への提供を目指す。月額利用料は税別75万円から。

 同サービスは、全国55の信用金庫で採用されているパッケージソフト「信用金庫向け営業支援システム」をクラウドサービス化したもの。営業活動における事務の効率化や情報の利用促進、プロセスの可視化を実現して総合的な営業力の強化に貢献する。クラウドサービスとして提供するため、システムの導入・更改や制度対応、運用監視、障害対応、セキュリティ対応などに関わるコストを抑制できるという。

 セキュリティ面では、サービス基盤にNECのクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」を採用し、国内の自社データセンターからサービスを提供している。同データセンターは最新の主要国際規格であるISO/IEC 27017を取得しているほか、FISC安全対策基準に準拠している。また、外部攻撃と内部不正の両方のリスクへの対策を行うなど、信用金庫が安全・安心に利用できる強固なセキュリティを確保しているという。

 訪問予定やターゲットリストの作成、日報登録、目標設定などを行う「営業推進機能」や、訪問先での集金・預かり処理を行う「渉外支援機能」など豊富な業務機能を提供し、各種帳票をパラメーターで選択可能とすることで、各信用金庫の運用に合わせた柔軟な帳票選択を実現した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]