「無印良品」約500店舗でスタッフ向けコミュニケーション基盤を導入

大場みのり (編集部)

2023-10-24 16:58

 良品計画は、ライブコミュニケーションプラットフォーム「Buddycom(バディコム)」と専用のBluetoothマイクを「無印良品」の直営店約500店舗に導入した。提供元のサイエンスアーツが10月24日に発表した。良品計画は今後も出店に伴い、両機器を導入する予定だという。

スマートフォン上でのBuddycom稼働イメージ
スマートフォン上でのBuddycom稼働イメージ

 Buddycomでは、スマートフォンやタブレットにアプリケーションをインストールすると、トランシーバーや無線機のように複数人と同時にコミュニケーションを行うことが可能となる。音声、テキストチャット、動画、位置情報に加え、AIを活用したデジタルアシスタントでのコミュニケーションが可能。航空、鉄道、建設、福祉施設、流通など、さまざまな業種で利用されているという。

 良品計画は、店舗作業の効率化、働きやすさの改善、コミュニケーションの円滑化に向けて、インターカムの機能改修に着手。2020年10月にBuddycomを導入し、2023年2月からは専用のBluetoothマイクと充電ステーションを順次導入している。

 良品計画によると、Buddycomの利用により接客業務やレジ業務が改善されているという。具体的には、来店客への商品案内時における情報確認、定点配置の決定、売場の品出し、メンテナンスの指示など売場を巡回する際の具体的な指示、繁忙時間帯におけるスタッフへの応対割り振り、問い合わせ電話の適切な担当者への振り分けなどに活用している。

 Buddycom専用のBluetoothマイクは、スタッフにとって大きなストレスだったコードの問題、耳の痛さ、重さを解決したという。導入店舗ではバックヤードにBluetoothマイクの専用充電ステーションを設置している。良品計画の担当者からは「狭いスペースでも場所を取らず、周辺機器の管理がとても楽になった」という声を受けているとする。

無印良品での利用イメージ
無印良品での利用イメージ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]