Linuxノウハウ

「Linux」での音声テキスト変換に「Speech Note」アプリを使用するには

Jack Wallen (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-10-26 07:45

 筆者は音声テキスト変換をあまり利用しない。筆者は「言葉」を生業としており、文字を非常に速く入力するスキルを備えているからだ。音声テキスト変換を軽視しているわけでは決してない。音声テキスト変換を頼りにしている多くの人に出会ってきたので、OSのアクセシビリティーを高める手段を紹介するときは、いつも強い感謝の気持ちを感じている。

 そのため、「Speech Note」アプリを発見し、「Linux」で音声をテキストに変換する機能を極めて簡単に追加できることを知ったときは、興奮を覚えた。しかし、実際にSpeech Noteをインストールして使い始めると、重要な注意事項があることに気づいた。それは、強力な処理性能(それも、かなり強力な処理性能)が必要であることだ。

 このアプリが非常に多くの処理性能を必要とするのは、音声テキスト変換の処理をオフラインで実行するからだ。つまり、CPU(GPUがある場合はGPU)を利用して、高負荷の作業を処理する。マシンの処理性能が十分でない場合、音声テキスト変換の処理中にコンピューターがクラッシュするか、あるいは、処理が非常に低速になる。したがって、強力なデスクトップコンピューターを持っていない人には、「Googleドキュメント」で提供されているようなサードパーティーの音声テキスト変換サービスを利用することをお薦めする(Googleドキュメントの音声テキスト変換サービスは「Google Chrome」ブラウザーでのみ機能する)。

 十分な処理性能を備えたマシンを持っている人は、オープンソースのSpeech Noteアプリを利用できる。このアプリは、「Flatpak」をサポートする任意のLinuxディストリビューションにインストール可能だ。ただし、重要な注意点がある。アプリ自体は非常に小さいが、言語モデルをダウンロードするのに最大2GBのスペースが必要になる可能性があるので、システムのローカルストレージの容量が少ない場合は、その点に注意してほしい。

 インストールが完了して、使用準備が整ったら、Speech NoteはLinux上で音声テキスト変換を極めて効果的に実行する。

 本記事では、Speech Noteをインストールして、使用準備を整える手順を紹介する。

Speech Noteをインストールする方法

 必要なもの:Speech Noteをインストールするには、Flatpakがインストール済みで、内部ストレージに2GB以上の空き容量のあるLinuxマシンが必要だ。それ以外のものは不要である。それでは、実際の作業に移ろう。

1. ターミナルウィンドウを開いてインストールする

 デスクトップにログインして、ターミナルウィンドウアプリを開く。アプリが開いたら、以下のコマンドを貼り付けて、キーボードの「Enter」キーを押す。

flatpak install flathub net.mkiol.SpeechNote

 すべての質問に「Y」と入力して、インストールを完了する。

2. Speech Noteを開く

 デスクトップメニューをクリックして、Speech Noteのランチャーを探す。表示されない場合は、デスクトップからログアウトして再度ログインする必要があるかもしれない。

Speech Noteは、Linux上で音声テキスト変換を実行する、使いやすいGUIアプリだ。提供:Jack Wallen/ZDNET
Speech Noteは、Linux上で音声テキスト変換を実行する、使いやすいGUIアプリだ。
提供:Jack Wallen/ZDNET

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]