OpenAI、「ChatGPT」の独自バージョンを構築可能に

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2023-11-07 08:18

UPDATE 「ChatGPT」の提供によって人工知能(AI)チャットボットを誰もが知る存在に押し上げたOpenAIは米国時間11月6日、ChatGPTの独自の特定用途バージョンをユーザーが構築できるようにすると発表した。

OpenAIの最高経営責任者(CEO)、Sam Altman氏
OpenAIのDevDayイベントで語る最高経営責任者(CEO)のSam Altman氏
提供:Stephen Shankland/CNET

 そうした特定用途ボットは「GPTs」と呼ばれ、プログラミングの知識がなくても構築できるという。ユーザーに必要なのは、自然な言葉による指示と追加の知識を与えた上で、画像作成やウェブ検索など、その目的を決めることだ。

 「GPTsは、ChatGPTを特定用途向けにカスタマイズしたバージョンだ」と、OpenAIの最高経営責任者(CEO)であるSam Altman氏は述べた。同氏は、サンフランシスコで開催されたOpenAI DevDayでこの技術のデモを披露し、構築されたシステムに対して、同氏がアップロードした自身の講演の動画を基に、新興企業向けにアドバイスを提供するアプリを作成するよう指示した。

 興味のある人は、このカスタムGPT技術をOpenAIのウェブサイトで試すことができる。OpenAIは11月中に「GPT Store」を立ち上げ、認証された開発者のGPTsを提供する予定だ。詳しい価格設定は明らかにせず、開発者と収益を分配するとした。

GPT Storeイメージ
提供:OpenAI

 OpenAIは、AI革命の最先端に立ち、インターネットのチャットフォーラムのような大量のテキストにおけるパターンを認識するように、非常に複雑な大規模言語モデルをトレーニングしている。このAI技術は、「ダンテの神曲地獄篇における地獄の概念を説明して」といったプロンプトを受け取って独自の回答を生成することができる。OpenAIは画像を生成できるAI技術「DALL・E」も提供している。毎週1億人を超えるユーザーがChatGPTを使用していると、Altman氏は述べた。

 OpenAIは、中核となる大規模言語モデルを刷新して、さらなる高性能化を進めている。次の優先事項は高速化だと、Altman氏は述べた。それは、ChatGPTのインターフェースを見ながら回答を待ったことのあるすべてのユーザーにとって朗報だ。

「GPT-4 Turbo」の発表

 OpenAI初の開発者向けイベントとなったOpenAI DevDayには、同社のGPT技術を活用した独自サービスの構築に関する最新の進捗情報を聞こうと、数百人のプログラマーが集まった。

 開発者と、ひいてはそれらの開発者のツールを使用する私たちすべてにOpenAIが提供するものの1つが、新たな大規模言語モデルのGPT-4 Turboだ。これまでよりもはるかに長く複雑なプロンプトに対応でき、開発者がより低いコストで使えるように最適化されているという。プロンプトへの対応能力が向上すると聞いて、イベントに集まった開発者からは大歓声が上がった。

コストについて説明するAltman氏
提供:Stephen Shankland/CNET

 GPT-4 Turboはさらに、2023年4月までに公開された情報を含む、より直近のデータでトレーニングされている。「GPT-3」の最初のバージョンとそのChatGPTチャットボットインターフェースは、1年前のリリース時にその数年前のデータでトレーニングされていたため、それに比べると大きな進歩だ。

 GPT-4 Turboは画像を入力として受け取ることが可能で、それは、OpenAIの技術を使用して、写真の中の物体の識別やキャプションの生成といったタスクが実行できることを意味する。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]