GitLab、「GitLab 16.5」をリリース--コンプライアンス標準準拠レポートなどを追加

NO BUDGET

2023-11-10 10:59

 GitLabは、「GitLab 16.5」のリリースを発表した。

 GitLab 16.5では、コンプライアンス標準準拠レポート、マージリクエストのターゲットブランチ設定ルール、イシュースレッドの解決、Fast-forwardマージトレインへのセミリニアのコミット履歴線形履歴による早送りマージのトレインをはじめとする機能が追加された。

 コンプライアンス標準準拠レポートはGitLabにおけるベストプラクティス標準が含まれており、グループ内のプロジェクトが標準に含まれるチェック要件を満たしていない場合に、それを特定し、表示する。コンプライアンスセンターに同レポート用のタブが新しく追加された。初期状態で表示される準拠性チェック項目は、「マージリクエストには少なくとも2人の承認者が必要」「マージリクエストの作成者によるマージを禁止」「マージリクエストのコミッターによるマージの禁止」の3種類となっている。

 レポートには、各チェックのステータス詳細がプロジェクトごとに記載され、チェックの最終実行日、チェックが適用された基準、特定された問題点の修正方法なども示される。

 開発作業において、マージリクエストのターゲットをdevelopやqaにすることが望ましい場合、ターゲットブランチルールにより、マージリクエストがプロジェクトと開発ワークフローに適切なブランチを対象とするよう確認できるようになった。

 マージリクエストを作成すると、ターゲットブランチルールによってブランチ名がチェックされ、ブランチ名がルールと一致していた場合は、ルールで指定されたブランチが自動的にターゲットとして選択される。ブランチ名がルールに一致していない場合、マージリクエストはプロジェクトのデフォルトブランチをターゲットとする。

 さらに今回のリリースで、ユーザーはディスカッションのトピックを終了する際に、イシューのスレッドを解決できるようになった。これにより多くのスレッドを伴う長期間にわたるイシューが、読みにやすく、追跡しやすくなった。

 加えて、ユーザーがセミリニアのコミット履歴を維持したい場合に、セミリニアFast-fowardマージトレインを使用できるようになった。同社では、今後もあらゆるマージメソッドのサポートを充実させる方針だ。

 GitLab 16.5では、これらの機能も含め、25個以上の機能が追加されている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]