スパイラル、中国銀行の顧客接点強化で業務提携--ローコード開発基盤で内製化を支援

NO BUDGET

2023-11-20 12:20

 ローコード開発基盤などを展開するスパイラルは11月17日、中国銀行(岡山市)と顧客接点強化に向けた業務提携を開始したと発表した。ローコード開発基盤「SPIRAL」の提供を通じて、対面チャネルの拡充などを共同で進める。

 SPIRALは、ローコード開発基盤「SPIRAL ver.1」と、その後継サービスでウェブサイトや業務アプリケーションを作成できる「SPIRAL ver.2」の総称。

 SPIRAL ver.1は官公庁、金融、医療、不動産、教育機関などで活用されているローコード開発基盤で、販売促進や顧客関係管理(CRM)などの顧客情報から、給与明細のような従業員情報まで、重要な情報資産をクラウド上で安全に管理し、情報活用のためのウェブアプリケーションを手軽に開発できる。

 SPIRAL ver.2は、ウェブサイトの作成から登録データの運用までをワンストップで実行できる機能を備えたローコード開発基盤。国際化対応機能に加え、業務担当者にも利用できる管理画面、開発会社向けのウェブアプリケーションやサイト運営に必要なコンポーネントがそろっている。

 今回の提携により、スパイラルでは、中国銀行の業務効率化やコスト削減、セキュリティ事故への不安解消に貢献する。またデジタルを活用した顧客との非対面チャネルの拡充を実施し、利便性の維持、効率化を進める。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]