東北電力、新経理システムにSAP S/4HANAを採用

NO BUDGET

2023-11-21 11:05

 SAPジャパンは、東北電力が新たな経理システムとして「SAP S/4HANA」を採用し、2023年3月に稼働を開始した発表した。日立製作所が導入を支援したという。

 新システムの導入により東北電力は、情報のリアルタイムな反映や一元化による経営管理の高度化および迅速化、標準的な業務プロセスを採用することによる経理関連業務の効率化が期待できるとしている。また、デジタル技術を活用した業務変革機会や、「働く場所」の制約の排除による働き方改革への対応力なども向上するとしている。

 SAP S/4HANAについて東北電力は、国内電力会社やグローバル公益業界の実績、豊富な標準業務プロセス、リアルタイムでのデータ反映、システムの拡張性などを評価し、今回の採用に至った。

 同社は、電力小売の全面自由化以前に構築した業務とシステムが制約となっており、従来の業務運営からの脱却が課題だった。これに対し、抜本的な変革を図るべきと考え「ERPパッケージを導入し、パッケージの標準機能に合わせた業務運用に変更すること」を新経理システムの構築方針とした。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]