AIが企業にもたらす変化

ハイパーパーソナライゼーションが切り開く銀行の未来--AIとデータで顧客体験を最適化

Mark Samuels (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2023-11-24 07:30

 未来の銀行を想像してみてほしい。金融サービスのあらゆる体験が、個人の要件に合わせて調整される銀行だ。

 ハイパーパーソナライゼーションの時代へようこそ。私たちが日々利用する金融サービス機関などの企業が、機械学習(ML)、人工知能(AI)、ビッグデータを組み合わせて、顧客に合わせたオンライン体験を作り出す。

 これは、TSB Bankのデジタルマーケティングおよびパーソナライゼーションの責任者であるKavin Mistry氏が、同銀行において今後数年で実現しようとしていることだ。

 「AIとMLを活用することで、顧客の人生で経済的支援が必要になりそうな重要なイベントを特定し、その情報を利用して、顧客が最終的に人生の大きな目標を達成できるようにサポートしたい」。Mistry氏は米ZDNETとのビデオインタビューでこのように語った。

 効果的なハイパーパーソナライゼーションとは、収集済みのデータを新興テクノロジーと組み合わせて使用し、顧客がそれぞれの目標を達成できるように支援することだ。

 Mistry氏は、ハイパーパーソナライゼーションが行われた未来の銀行サービスと、AIやMLなどの新興テクノロジーを利用したTSBのデータ主導型アプローチの実現について説明した。

 「当行を利用し始めたばかりの新規顧客が、モバイルアプリの使用を開始したときの最初の体験は、自分のニーズを明確にすることだろう」。同氏はこのように述べ、TSBが数年後にどのようなサービスを提供したいかを説明した。

 「情報とデータをゲーミフィケーションのような方法で収集することを検討している。そうすることで、顧客にとって分かりやすい体験となり、顧客のニーズが具体的に何なのか、現在がどのような状況かが明確になる」

 そうした目標に、GartnerのディレクターアナリストであるSamantha Searle氏が共感を示している。Searle氏は米ZDNETとのビデオ会議において、銀行サービスのハイパーパーソナライゼーションを成功させるには、2つの条件を満たす必要があると述べた。

 第1に、住宅ローンのための貯蓄や予算管理の改善など、顧客の経済的な目標の達成を支援できなければならない。

 「適応型AIテクノロジーの進歩により、銀行がこの情報を業務運営プロセスに組み込むことが簡単になりつつあるだけでなく、顧客対応プロセスにも容易に適用できるようになっているため、より目標指向型にすることができる」

 第2に、銀行サービスのハイパーパーソナライゼーションは、顧客の人生の旅に目を向け、結婚、住宅ローン取引の検討、そして住宅保険や生命保険といった関連付加商品の提供など、人生の重要な節目節目でサポートを提供しなければならない。

 「そのため、たとえば住宅ローンなどへの申し込みの際に、顧客がすべてのデータをフォームに入力しなければならないのではなく、すでに銀行がデータ分析によって顧客の信用履歴を十分に把握しているため、パーソナライズされた商品やサービスを提案することができる」

 再びTSBのMistry氏の話を紹介しよう。同氏は初めて住宅を購入しようとしている人を例に、TSBのハイパーパーソナライゼーションサービスの提供について説明した。

 このような個人は、住宅ローンの頭金を貯める必要がある人や、必要な資金を調達できるように、自分の信用スコアを高めなければならない人かもしれない。

 「顧客が頭金を貯められるように、当行が体験、コミュニケーション、ターゲットを絞った目標を用意する」とMistry氏。

 「その後、顧客のお金の使い方をチェックし、倹約や貯蓄ができるように定期的にサポートする。顧客の現在地と目標の対比を見守っていく。そして、節約の機会やTSBから得られるメリットについて、定期的に最新情報を提供する」

 Mistry氏によると、TSBはデータ主導型アプローチを使用して、初めての住宅購入を目指す人が、信用スコアの把握、スコアの改善計画の策定、適切なタイミングでの住宅ローンアドバイザーへの相談など、必要なサービスをすべて受けられるようにすることも計画しているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]