TOPPANホールディングス、「SAP S/4HANA」と「SAP BTP」でシステム基盤の近代化を推進

ZDNET Japan Staff

2023-12-04 12:13

 TOPPANホールディングスは、事業ポートフォリオの変革としてデジタル事業を拡大するとともに、ESG(環境・社会・企業統治)の推進や経営基盤の強化に注力している。その一環として、同社は統合基幹業務システム(ERP)「SAP S/4HANA」とアプリケーション開発基盤「SAP Business Technology Platform(BTP)」を活用し、システム基盤のモダナイゼーション(近代化)を進めている。

 TOPPANホールディングスでは、会計業務と管理業務を担う基幹システムとしてSAP S/4HANAを導入した。アプリケーション開発やプロセス自動化にはSAP BTPを利用した。サポートサービス「premium engagements」も採用した。

 これにより、グループ会社間のデータ統合・共有が容易になり、意思決定の迅速化や業務効率の向上が可能となった。加えて、SAP BTPで開発したワークフローや画面の改善によって業務生産性が2倍以上向上した。

 今後、同社はシステム基盤のモダナイゼーションをさらに進めることで、データの一元管理、業務プロセスの効率化、イノベーションの促進を狙う。また、デジタル化とサステナビリティーを重視した経営の基、ESGの取り組みを強化し、ステークホルダーとの関係を深めることで企業価値の最大化を目指すとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]