NTTデータとIBM、保険営業の業務を代替する「デジタル従業員」を共同開発へ

ZDNET Japan Staff

2023-12-11 16:37

 NTTデータと日本IBMは12月11日、保険業界向けに、人間の意図を理解したAIソフトウェアが人間に変わって業務を行う「デジタル従業員」の共同開発と戦略的販売モデルの提供などに向けて協業すると発表した。

 この取り組みは、NTTデータの保険業界での実績やノウハウと、「IBM watsonx Orchestrate」など基盤モデルを中核技術に用いた複数ソリューションの組み合わせにより独自のAIモデルを実現し、従業員の意図を理解して代わりに業務を実行する“同僚のような”仮想知的労働者(デジタル従業員)を開発する。

ソリューションイメージ
ソリューションイメージ

 デジタル従業員は、人間の従業員と会話をしながら人間の意図を理解し、業務目的に応じた最適なツールを選択して、人間の従業員の代わりに業務を自動的に実行する。保険業界では、労働人口の高齢化や高い離職率で営業職員の人材不足が課題になっているという。

 2社は特徴として(1)標準的な保険商品や事務手続きに加え個社に特化した情報も人に代わって機械学習できる、(2)優れた営業プロセスをモデル化した上でサジェストしユーザーの行動変容を促すことができる、(3)短期記憶により直前の指示を踏まえてユーザーの性格など個人の特性に合わせたサジェスチョンができる――の3つを挙げている。

 今後は、2023年度中に保険会社で試験導入し、2024年度以降に国内の生命保険、損害保険の企業への実導入を目指す。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]