那覇市、ランサムウェア対策に特化した統合バックアップ基盤を構築

NO BUDGET

2023-12-13 10:15

 那覇市は、ランサムウェア対策に特化した統合バックアップ基盤を構築した。万一、ランサムウェア攻撃を受けても迅速にデータを復旧し、市民への行政サービスを継続できるようにする。

 システムを構成するのは、Arcserve Japanが提供する統合バックアップ/リカバリーソリューション「Arcserve Unified Data Protection」(Arcserve UDP)とイミュータブルストレージ「Arcserve OneXafe」。Arcserve OneXafeはArcserve UDPのバックアップ先ストレージとして利用される。

 本格的なシステム構成の検討を経て、2023年5月から1カ月で導入プロセスを完了。6月から本番運用を開始している。日々のバックアップ運用は全て自動化され、担当者の作業負荷低減にも成功している。また、Arcserve OneXafeのスナップショットを長期間保持することで過去の時点での感染にも備えている。

 Arcserve OneXafeに書き込まれたバックアップデータに対しては改ざんできない不変(イミュータブル)のスナップショットが作成される。これによって、万一、ランサムウェアがバックアップデータに対して不正に暗号化や削除を行っても、スナップショットから戻したバックアップデータを利用して復旧できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]