Snowflakeでのデータアプリ開発を加速--Streamlit共同創業者が来日会見

藤本和彦 (編集部)

2023-12-20 09:30

 Snowflakeは12月19日、オープンソースのPython用UIライブラリー「Streamlit」の技術説明会を開催した。Streamlitの共同創業者で最高執行責任者(COO)のAmanda Kelly氏が、これまでの歩みやツールの特徴などを解説した。

 Streamlitは、HTMLやJavaScript、CSSといったフロントエンドの構築に必要な言語の知識がなくても、Pythonのスクリプトからウェブアプリを作成することができる。データサイエンティストや機械学習エンジニアが、迅速かつ簡単にデータアプリを構築して共有するためのツールとして人気を博している。

 Streamlitは2018年11月にGoogle Xのメンバーらによって設立された米国企業。2022年3月にはSnowflakeに買収されている。2023年12月に「Streamlit in Snowflake」が正式リリースされ、SnowflakeユーザーはStreamlitのAPIを使ってPythonスクリプトからデータアプリを構築できる。

Streamlit in Snowflake
Streamlit in Snowflake

 Kelly氏によると、企業や組織においてデータを実用化するには非常に多くのステップがあり、多大な時間と労力を要するという。Streamlit in Snowflakeは「データアプリとインサイトの市場投入を迅速化する」(同氏)ためのツールとして、Snowflakeの安全で信頼性の高いインフラにワンクリックで展開できる点が特徴だとアピールした。

Amanda Kelly氏
Amanda Kelly氏

 「データチームがStreamlit in Snowflakeを利用することにより、企業は情報に基づく意思決定を加速できる」(Kelly氏)

 Snowflakeでは、オンデマンドのビデオ教材として「Snowflake University」を提供している。ビデオ教材の他にも、ハンズオンラボやトレーニング講座も用意されており、Snowflakeの導入や設計、開発、運用管理に必要なスキルを身につけることができる。その中の「Data Application Builder Workshop」で、Streamlitのアプリ開発を体験できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]