ソニー生命、自動化プラットフォームを導入--メインフレーム運用のホスト依頼業務に活用

NO BUDGET

2023-12-20 10:15

 キンドリルジャパンは12月19日、ソニー生命保険のメインフレーム運用の自動化を支援したと発表した。キンドリルの自動化プラットフォームである「CACF」(Cloud Automation Community Framework)をホスト依頼業務に提供し、ソニー生命は4月から本格利用を始めている。

 CACFは、オープンソースのIT自動化ツールである「Ansible Tower」を中核とした自動化プラットフォーム。IT運用のDXを推進する目的でキンドリルが提供している。今回刷新されたホスト依頼業務は、メインフレームのバッチジョブ実行やアプリケーションリリースに関する作業依頼をオペレーターによって実施するもの。

 ソニー生命はこれまで、IT技術者が依頼書起票または電話により連絡を行い、それをオペレーターが受けて依頼作業を実施していた。なおこの業務は1カ月当たり約1000件発生していたが、新システムではIT技術者の作業はチケットを発行するだけとなった。ホスト依頼業務は、チケット発行後、キンドリルの統合監視ツールである「M&E」(Monitoring&Event as a service)や自動化プラットフォームであるCACFを介して自動で行えるようになった。

 ソニー生命では、今回の導入でこれまで手動で行っていた処理の工数を大幅に削減できたとし、スピードアップに加えて、正確かつ確実な業務遂行など大きな効果を生み出していると評価している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]