ラズパイをより身近に

「Raspberry Pi 5」用ファン付きヒートシンクを試す--「Raspberry Pi 5 Active Cooler」の実力 - (page 3)

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-12-23 08:30

 Raspberry Pi 5をオーバークロックする手順は以下の通りである。

ステップ1:更新する

 Raspberry Piを起動して、ターミナルアプリを実行する。その後、以下のコマンドを入力して、Raspberry Piを更新する(各コマンドの最後に「Enter」キーを押す必要がある)。

sudo apt update

 次に、以下のように入力して、アップグレードを実行する。

sudo apt dist-upgrade

 このステップには時間がかかるので、コーヒーや紅茶、コンブチャなど、活力源となるものを飲みながら、気長に待とう。アップデートが完了したら、以下のコマンドでRaspberry Piを再起動する。

sudo reboot now

ステップ2:設定ファイルを編集して、潜在的な性能を解き放つ

 Raspberry Piが再起動したら、もう一度ターミナルを開いて、以下のコマンドを入力する。

sudo nano /boot/config.txt

 これで、config.txtファイルが「Nano」テキストエディターで開かれる。

 ファイルの一番下までスクロールして、以下の3行を追加する。

arm_freq=3000
gpu_freq=1000
force_turbo=1

 最初の2行はCPUを3GHzに、GPUを1GHzにそれぞれ設定し、3行目はRaspberry Piがプロセッサーのクロック速度を低下させるのを防いで、フルスピードで動作できるようにする。

 編集したファイルを保存するには、キーボードで「CTRL」+「X」>「Y」>「ENTER」の順に押す。

ステップ3:再起動してテストする

 ターミナルで以下のコマンドを入力する。

sudo reboot now

 このコマンドを実行すると、Raspberry Piが再起動するので、すべてが正常に機能するか確認してほしい。

 システムが動作しない場合は、電源ケーブルを抜き差しして、手動で再起動してほしい。

 それでも問題が解決しない場合は、「Shift」キーを押しながらRaspberry Piを再起動して、オーバークロックなしで強制的に起動する。その後、上記のステップ2を繰り返して、すべてが正しく入力されているか確認する。

Active Coolerは薄型で目立たないので、大きくて扱いにくいサードパーティー製のRaspberry Piクーラーよりもはるかに優れている。提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET
Active Coolerは薄型で目立たないので、大きくて扱いにくいサードパーティー製のRaspberry Piクーラーよりもはるかに優れている。
提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET

オーバークロック時のファンの冷却効果をテストする

 これは本格的なテストだ。Hashcatを再度実行して、速度と温度を確認してみよう。

 注意点が2つある。

  • Hashcatのパフォーマンスは、標準のプロセッサー速度と比較して約30%向上している。「無料」(クーラーのコストは除く)でここまでパフォーマンスが向上するのは、信じられないことだ。
  • 温度が55度を超えることはない。つまり、非常に高い負荷がかかる状況でも、Active Coolerは極めて効果的にプロセッサーを冷却している。
Hashcatのパフォーマンスが30%高速化し、温度も大幅に下がった。提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET
Hashcatのパフォーマンスが30%高速化し、温度も大幅に下がった。
提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET

 プロセッサー温度を70度以上に上昇させることが可能かどうかも確認したかったので(クーラーを取り付けずにHashcatを標準速度で実行すると、温度が70度以上に達する)、Sysbenchと呼ばれる別のベンチマークツールも実行した。

 Sysbenchでも、温度をそこまで上昇させることはできなかった。このクーラーは本当に高性能だ。

 それでは、「Raspberry Pi」のベンチマークツールの中で最も過酷な「Stressberry」ならどうだろうか。Stressberryは、温度を70度以上に押し上げられるだろうか。答えはノーだ。65度まで上げることさえできなかった。

購入に向けたアドバイス

 公式のRaspberry Pi 5 Active Coolerは、日常の一般的な使用時の温度を制御するだけでなく、オーバークロック時にシステムを安全な温度範囲内に保つこともできる。

 Raspberry Pi 5を購入する場合は、冷却性能に優れたActive Coolerも入手することを強くお薦めする。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]