IT企業の年頭所感

AI導入の成功を左右するデータ品質の管理がより重要に--インフォマティカ・渡邉社長

ZDNET Japan Staff

2024-01-05 07:00

 2024年に向けたIT企業のトップメッセージや年頭所感を紹介する。

インフォマティカ・ジャパン 代表取締役社長 渡邉俊一氏

 2023年は、世界中で多くの業界がAIを取り入れる1年となりました。自然言語インターフェースを通じて、日々の業務効率化や生産性向上にAIが広く用いられ、企業だけでなく個人にもAIの利用が拡がりました。AIの民主化が急速に進み、変革の可能性をより身近に実感できるようになったことは、多くの企業がAIへの投資を積極的に進める契機となりました。

 Informaticaにおいても、2023年はAIイノベーションへの投資を強化した年となりました。5月には業界初の生成AI搭載データマネジメントプラットフォーム「CLAIRE GPT」を発表し、その後は独自AIエンジン「CLAIRE」のコパイロット機能を拡張しました。これらのイノベーションを当社のエンドツーエンドなAI搭載のクラウドデータマネジメントプラットフォーム「Intelligent Data Management Cloud」(IDMC)に加えることで、お客さまのAIによるデータ管理の効率化を支援しています。

 2024年のデジタルトランスフォーメーション(DX)の焦点は、生成AIを含むAI技術にあります。そして、AIがビジネス価値を生み出すには、AIモデルの学習で使用されるデータの質が鍵となります。機械学習における「Garbage in, garbage out」(ゴミを入れるとゴミが出てくる)という原則が示す通り、AIエンジンや大規模言語モデル(LLM)が最先端でも、質の高いデータが供給されなければ、潜在能力を最大限に引き出すことはできません。

 最新のLLMやチャットボットが注目されがちですが、AI導入の成功を左右するデータ管理にも注力が必要です。また、日本では特にAIやITの人材不足が叫ばれています。その一方で、2024年にはあらゆる部門において、多くの業務担当者がAIを活用し、スキルを向上させると予測されています。さらに、AIの活用が進むにつれ、合理化されたプロセス、自己文書化コード、可観測性の向上などにより、ブラックボックス問題が解消されると期待されます。

 当社のIDMCプラットフォームには、包括的かつクラウドネイティブでAIを駆使したデータ管理機能が備わっています。Informaticaでは、お客さまがIDMCを活用し、高品質で信頼できるデータを組織全体で民主化することで、人材やスキル不足を解消するサポートをしていきます。

 Informaticaは2023年、Gartnerのデータ統合ツールにおけるマジック・クアドラントで、18年連続のリーダーに認定されました。さらに、「The Forrester Wave:Cloud Data Pipelines, Q4 2023」レポートで「Informaticaの強力なビジョンは、生成AIによるデータ管理の自動化、高速化、民主化に焦点を当てている」との評価を受け、リーダーとして認定されました。

 AI普及の中で、データ管理の重要性は増しています。Informaticaは2024年も革新を継続し、お客さまがAIやデータ管理を通じてビジネス成果を向上する支援をいたします。また、パートナー企業と協業して、お客さまのクラウド、データ、AIの取り組みにおけるデータ課題の解決に取り組んでまいります。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]