IT企業の年頭所感

安全なデータなくして、AI活用は成立し得ない--クリックテック・今井氏

ZDNET Japan Staff

2024-01-05 07:00

 2024年に向けたIT企業のトップメッセージや年頭所感を紹介する。

クリックテック・ジャパン カントリーマネージャー 今井浩氏

 2023年は、新型コロナウイルス感染症の世界的な大流行(パンデミック)が収束に向かい社会経済に明るい兆しが見えてきた一方、世界各地での相次ぐ紛争や、Silicon Valley Bankほか金融機関の経営破綻が、テック企業をはじめグローバル市場に大きな影響を与えました。このように急速に変化するビジネス環境の中で、多くの企業が迅速な対応、意思決定を求められた1年でした。

 また、「ChatGPT」に代表される生成AIへの注目が急激に高まりました。世界中の企業がAIの導入、活用する動きを強めたと同時に、米国のBiden大統領が2023年10月に大統領令を発したように、AIの安全性・悪用防止をめぐって各国政府、国際機関が対応を急いでいます。さらに、AIが消費者にとってもより身近なものとなる中で、個人のプライバシーを守り、安全なサービス提供を行うための対策が企業に求められています。

 2024年は、世界全体でAIへの投資がさらに加速するとともに、AI活用に不可欠なデータ基盤の構築が多くの企業にとって最優先課題になると予測しています。AIは、大量のトレーニングデータを使ってデータのパターン、関係、構造を学習するため、まさにデータに依存しています。古い情報、信頼できない情報、場合によっては悪意のある偽情報を基にしていては、AIを導入したところで失敗に終わるばかりでなく、ビジネスに負の影響を与えかねません。言い換えれば、ガバナンスのとれた安全なデータなくして、AI活用は成立し得ないということです。

 Qlikは2023年、Talendの買収を通じ、データ統合、分析、AIと機械学習に関する幅広い技術と知見をさらに強化し、AI活用を支援する包括的なソリューション「Qlik Staige」を提供しました。一方で、「Amazon Redshift」「Databricks」「Google BigQuery」「Microsoft Fabric」「Snowflake」といったクラウドプラットフォームにおいて企業全体のデータ活用を加速し、「SAP」やメインフレームなどに眠るデータ資産を解放し、AIの戦略的活用に不可欠である高度なデータ基盤確立に向けた投資を引き続き進めています。

 このように新しく生まれ変わったQlikは業界をリードするソリューションを、日本のお客さまにいち早く提供してまいります。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]