AI、仕事、自動化の未来

AI時代の開発者--求められる数学とビジネス開発のスキル

Joe McKendrick (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2024-01-15 07:30

 人工知能(AI)は、未来のスキル要件に対する考え方を興味深い形で覆し続けている。ある面で必要とされるのは、基盤技術、データサイエンス、統計に対する深い理解だ。

 一方で、基盤技術にそれほど没入することなく、ビジネスの利点に常に目を光らせる能力も求められる。

 AIの台頭により、テクノロジーマネージャーとビジネスパーソンは、一見相反するこれら2つのスキル要件のどちらを追求すべきか、という重要な決断を迫られている。

 生成AIベースのツールによって、開発者やその他の技術職は生産性に関する魅力的な利点を得られるが、それは自らの役割を見直すということでもある。AIアプリケーションの構築に深く没頭しようとしている人は、これを機に基本的な数学スキルを強化すべきかもしれない。

 より右脳的な役割を求めている人にとっては、ビジネス開発スキルが最大の要件だ。

 SAPの最高学習責任者(CLO)でベンチャーキャピタリストのMaxwell Wessel氏はこのように語り、AIが技術職に与える影響について自身の見解を示した。数学のスキルを改めて磨くときかもしれない、と同氏は主張する。

 「大多数の技術職が、基本に立ち返る、すなわち数学を学び直す必要があるだろう」とWessel氏。「私が学習していたときに定義されていた問題は、コードで定義されていた。コーディング言語、OS、ハードウェアの限界は、多くの場合、理解すべき最も基本的なことだった。AIの世界では、同じ体系的な問題を統計で定義するのが最善のはずだ。数学に対する理解が深まれば深まるほど、モデルの有用性を理解するのが容易になるだろう」

 数学は多くのAI関連作業の中心になりそうだが、AIアプリケーションの構築や設計に直接関与しない人の場合、「必要とされるスキルはそれほど技術的なものではない」とWessel氏は続ける。「コーディングはそこまで必要にはならないだろうが、新しいツールを最大限に活用するには、製品管理、設計、ユーザー調査の能力がさらに求められるだろう」

 ITの役割にはさらなる変化がありそうだ。「技術の進歩に伴い、IT人材の職務が発展していき、それによってIT担当者の役割と求められることが同時に変化するだろう」とWessel氏は予測する。「この40年間で、時間のかかる反復作業の自動化が大いに進んだ。AIがさらに賢くなり、アプリの開発と展開のプロセスへの統合が可能になっていくにつれて、この流れは今後も間違いなく続いていくはずだ」

 Wessel氏は、この新興テクノロジーの潜在的な影響を楽観視している。「全体として見ると、生成AIは労働力のイノベーションの波を引き起こし、私たちが直面するスキル不足の多くに対処する助けになるだろう」

 「生成AIが提供する優れたツールによって、開発者はより効果的にタスクを遂行できる」とWessel氏。「生成AIはデバッグに役立つ可能性がある。また、未知のコードスニペットを要約した短いステートメントを提供することができる。問題への対処方法を提案することも可能だ。これらはすべて、開発者が時間を節約し、より戦略的な思考にシフトするのに役立つ」

 IT担当者は、ビジネスのニーズに近づくにつれて、自分の役割がさらに充実していくだろう。「日々の単調な自動化から抜け出すことで、ビジネスリーダーと連携して、創造性、テクノロジーに対する理解、新たに獲得した能力を活用し、大きな問題を解決する機会が増える」(Wessel氏)

 AIベースのツールは本質的に、「複雑なコーディングをより扱いやすくする。その意味ではローコードツールだ。かつてないほど複雑なものを作る市民開発者が現れるだろう。これにより、高度な技能を持つコンピューターサイエンティストやデータサイエンティストが従来の作業から解放され、システムの仕組みに対する深い理解が必要な問題にもっと注力できるようになる」

 それでもWessel氏は次のように強調する。「AIは魔法になるだろう。結局のところ、(SF作家の)Arthur Clarkeが語ったように、高度に発達した技術は魔法と見分けがつかない」

提供:Dmitriy Sidor/Getty Images
提供:Dmitriy Sidor/Getty Images

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]