グーグル、他社クラウドに移行する際のデータ転送を無料に

ZDNET Japan Staff

2024-01-12 11:45

 Googleは1月12日、顧客が同社クラウドの利用を停止する場合、他のクラウドプロバイダーやオンプレミスにデータを転送するための手数料を無料にすると発表した。これは全世界の顧客に、同日より適用される。

提供:Sarah Tew/CNET
提供:Sarah Tew/CNET

 クラウド移行に伴うデータ転送料を無料にすることで、プロバイダーの乗り換えを容易にする。同社は無料のデータ転送を申請するためのフォームやよくある質問(FAQ)をウェブサイトで公開している。

 一方、顧客が望むプロバイダーの利用を妨げている根本的な問題として、制約が多い不公平なライセンス慣行があると指摘した。名指しこそしないものの、「一部のレガシープロバイダー」がオンプレミスのソフトウェアにおける独占的な地位を利用して、制限的なライセンスで顧客を囲み込み、クラウド市場を寡占していると批判した。

 同社は制限的なライセンスの例として、連携できるクラウドプロバイダーを制限すること、一部の競合プロバイダーを利用する場合に約5倍の料金を請求すること、他社のクラウド利用に必須のソフトウェアとの相互運用性を制限することなどを挙げた。

 「クラウド市場における顧客の自由な選択と競争を妨げる、制限的なライセンス慣行を終わらせるために、今後も積極的に取り組んでいく」(同社)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]