マクニカ、DX内製化支援でオレンジリーフと協業

NO BUDGET

2024-01-17 12:10

 マクニカは、DX内製化支援の分野で、Orangeleaf Consulting(オレンジリーフ)との協業を開始した。

 オレンジリーフは、マレーシアを拠点とするDXコンサルティング企業。ローコードを使用したDXコンサルティングにおいて、欧州やシンガポール、マレーシアの製造業、保険、小売などで既に10年以上、100プロジェクトの導入実績がある。同社は、最終的に顧客自身がDXを推進できるようになることを目指しており、コンサルティングから人材育成、組織構築までバックアップしている。

 協業では、顧客の個別プロジェクトにおける中長期でのDX内製化ロードマップの策定や、業務改善/新サービス企画の提供を進める。また、伴走型のDSF-ローコード開発支援サービス「Mendix」をベースとしたアジャイル型のウェブやモバイルアプリケーション開発支援も進める。さらに、プロダクトオーナーやスクラムマスター、エンジニアなど将来のDX人材の育成でも協力していく。

マクニカのDX内製化に関する考え方
マクニカのDX内製化に関する考え方

 マクニカは、製造業DX分野では、DX加速化ソリューションサービスの「Digital Synergy Factory」で約350件の伴走支援を行ってきた。「内製化こそが、DXの成否を分ける鍵」という考え方の下、ローコードツールの活用に注目し、「Mendix」などの提供による顧客支援を進めている。今後、DX内製化に必要なフェーズをトータルにサポートでき、アジャイル型アプリケーション開発支援などで実績のあるオレンジリーフのベストプラクティスを活用していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]