富士通、等々力陸上競技場を「Uvanceとどろきスタジアム by Fujitsu」に--街づくりを推進

ZDNET Japan Staff

2024-01-23 15:42

 富士通は1月23日、「等々力陸上競技場」(神奈川県川崎市)のネーミングライツ(命名権)を取得したと発表した。富士通が1月23日に発表した。この契約により、2024年2月1日~2029年3月31日の間、同競技場の愛称は「Uvanceとどろきスタジアム by Fujitsu」となる。

 等々力陸上競技場は、川崎フロンターレのホームスタジアムであり、富士通の技術の中核拠点である川崎工場(川崎市中原区)に近接する等々力緑地内に立地している。同社は、2014年に締結した川崎市との包括協定のもと、街づくりのパートナーとして、以前から川崎市における地域活性化や社会課題解決を推進している。富士通を含む9社の共同出資で設立された川崎とどろきパークは2023年4月から、「等々力緑地再編整備・運営等事業」の事業者として、緑地の運営・維持管理業務などを行っている。

 富士通は今後も、川崎市や川崎とどろきパークなどと連携しながら、同競技場を中心とする周辺エリア一帯で、にぎわいのある街づくりに取り組むとしている。また、最先端のテクノロジーとイノベーションの創出拠点として、2024年4月から川崎工場の名称を「Fujitsu Technology Park」に変更し、各種行政機関や等々力緑地の再編整備や運営とも連携するという。同社は、サステナブルな世界の実現を目指す「Fujitsu Uvance」のもと、地域住民や来場者の豊かな暮らしやウェルビーイング向上の実現に貢献すると説明する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]