ニトリグループ、配送ルート作成にデジタルアニーラを活用--全国80カ所の配送センターで運用

NO BUDGET

2024-01-25 08:01

 ニトリホールディングス、ホームロジスティクス、富士通の3社は1月23日、ホームロジスティクスが運営する配送センターの配車システムに、富士通の配送最適化技術を導入したと発表した。全国80カ所の配送センターで本格的に運用を始めている。

 この配車システムにより、数ある組み合わせからトラックの積載量やドライバーの作業時間、走行距離を考慮した最適なルートを高速で導き出すことが可能となる。これにより商品配送におけるドライバーの労働時間短縮や二酸化炭素(CO2)排出量の削減を実現させる。

 ホームロジスティクスはニトリから分社化した物流会社。倉庫業、配送業を兼ね備え、海外から日本全国の顧客宅まで一貫した物流事業を展開している。

 今回導入した富士通の配送最適化技術は、同社が量子現象に着想を得て開発したコンピューティング技術「デジタルアニーラ」を軸としている。デジタルアニーラは、富士通が提唱する高度なコンピューティング技術とソフトウェア技術を利用できるサービス群。量子現象に着想を得ることで、現在の汎用型コンピューターでは解析が難しい組み合わせ最適化問題を高速に処理する。

 ニトリグループでは、顧客の下に直接荷物を届ける最後のプロセスである「ラストワンマイル」まで徹底したサービスを追求している。その中で、配送ルートの作成における作業時間の短縮、属人化の解消や今後も増え続ける取り扱い個数に対する配送効率の向上が課題となっていた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]