SUPER STUDIO、経営管理クラウド「Loglass 経営管理」導入--予実管理を効率化

NO BUDGET

2024-02-05 07:38

 ログラスは、SUPER STUDIOが経営管理クラウド「Loglass 経営管理」を導入したと発表した。

 Loglass 経営管理は、ログラスが提供するクラウドサービスで、企業の中に複数存在する経営データの収集・一元管理・分析を一気通貫で実現する。社内に散らばる予算、見込み、実績、KPIのデータを統合し、全ての経営管理プロセスを効率化する。

 SUPER STUDIOは統合コマースプラットフォーム「ecforce」の開発・提供やD2C事業を手がける。同社は組織拡大や事業拡大を進めるなかで、表計算ソフトによる予算策定・予実分析が煩雑化していた。また、将来的なグループ経営を見据えた際に、経営管理体制の強化が求められていた。

 同社はLoglass 経営管理について、会計ソフトで管理している各取引のタグ情報と予算情報を統合し、予実管理の効率化を実現できると評価している。またレポート機能・ダッシュボード機能により、アウトプット帳票を効率的に作成し、要因分析を迅速に行えることも採用のポイントとなった。

 さらに既存のスプレッドシートの運用を残した上で、ダッシュボード機能によるデータの可視化やシステマティックな予実管理が可能なことも高く評価している。このスプレッドシートは将来的に事業を多角化していくうえで不可欠なものだという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]