ウシオ電機、クラウド型決算基盤で決算プロセスの可視化と標準化を推進

ZDNET Japan Staff

2024-02-06 14:09

 ウシオ電機は、決算プロセスの可視化と標準化を推進する業務基盤としてクラウド型決算基盤「BlackLine」を導入した。ブラックラインが2月6日に発表した。

 ウシオ電機の経理財務部では、中期経営計画の下、事業戦略を支えるために経営基盤の構築に取り組んでいる。しかし、決算業務では「Excel」を用いた手作業が多く、より付加価値の高いアウトプットを出すためには、決算業務の効率化と品質向上が大きな課題となっていた。

 こうした課題を早期に解決するため、同社は2023年11月にBlackLineの導入を決定。2024年3月度の決算から本番運用を始める予定となっている。

 導入の狙いとして、(1)決算プロセスの透明化、(2)決算業務の効率化、(3)決算業務の監査性の強化――の3点が挙げられている。

 具体的には、まず決算プロセスを共通のプラットフォームで実行し、決算に関わるデータを集約することで、決算の状況や担当者の作業負担を把握する。加えて、勘定照合やコミュニケーションプロセスをデジタル化し、業務手順を共通化することで、業務の質と速度を向上させる。これにより、決算タスクや承認のログが自動的に完全に記録され、タスクの内容や進行状況、承認フローを第三者が検証することが可能な状態を確立する。

 ウシオ電機では、今後の展望として、BlackLineを活用した決算業務のナレッジとノウハウを蓄積した後、グループ会社へ展開することを想定する。時期については未定としている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]