調査

Gartner、ITやビジネスのリーダーが押さえておくべき3つのステップを発表

NO BUDGET

2024-02-06 15:42

 ガートナージャパンは、ITやビジネスエグゼクティブリーダーがイノベーションを主導するために押さえておくべきという3つのステップを発表した。

プロダクトのイノベーションに対する障壁
プロダクトのイノベーションに対する障壁

 米Gartnerがグローバルで実施した調査によると、イノベーションの責任を追うITリーダー/ビジネスリーダーにとって、自社のイノベーション活動に影響を及ぼしている主な障壁の上位3項目は、「社内人材の能力」(33%)、「社内のリスク選好度」(28%)、「組織文化」(27%)だと分かった。

 これらについては、社内の障壁を克服するために、リーダーとしての新しい行動様式を採用してイノベーションを主導することが求められるとした。マインドセットを転換し、自らの行動を見直し、リーダー自身が破壊者(ディスラプター)になる必要があるという。そのためにはデータドリブンな意思決定を行い、破壊的なイノベーションを起こしていくことが重要だとした。

 イノベーションを主導するために押さえておくべき3つのステップは、(1)従業員にトレーニングと教育リソースを提供し、動機を与える、(2)共通のビジネス成果達成に向けて最初のトレーニングを終えたチームに権限を与える、(3)ルールを破る者となり、絶えず実験を続けることで破壊的イノベーションを起こす――とした。

 (1)で従業員は、トレーニングと教育リソースを提供されることにより、イノベーションのフレームワークを理解する。そして、イノベーション活動(例えば、新しいアイデアの創出や探索の方法)を実行するための、スキルと能力を身に付けることができるという。

 その上でリーダーは、従業員に対し実質的な動機を付与する必要がある。一例として、リスクを負って何か新しいことを実験/摸索する従業員に対し、評価や褒賞を与えることだという。こうした取り組みがイノベーション文化を育くみ、速やかなマインドセットの転換を主導するとした。

 (2)では、新しいプロダクトやサービス、ビジネスモデルを創出し、組織全体で共通のビジネス成果を推進するために、現場で課題を解決する自律的かつ自己統治型の環境をチームに提供することが重要だとした。

 イノベーションを起こしやすい環境を提供するためには、始まりの段階で実験を妨害せず、イノベーションチームに権限を与えるために、ガバナンスを緩和するべきだとしている。その後、ビジネス上の重要度と複雑性が増すにつれて、ガバナンスを段階的に強化し、ビジネス部門が主導またはIT部門と提携して一緒に監督や統制することにも留意しなくてはならない。さらにデータドリブンな意思決定を行うためにも、従業員のデータリテラシーを高めるトレーニングも合せて提供しなくてはならないという。

 (3)の最後のステップでは、イノベーションを妨げ、共通のビジネス成果の達成を阻害する可能性のあるルールは全て破ってもよい対象として検討するという(もちろん法律、倫理、規制コンプライアンスに反することなどはこの対象ではない)。

 エグゼクティブリーダーがディスラプションを起こさなければ、他企業が破壊的な製品やサービスを世の中に先駆けて出し、自企業そのものが近い将来破壊される可能性があるとしている。また、他企業からの破壊的なイノベーションの出現で意外と早く存続困難に陥った事例もあるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]