第一三共、営業支援システム基盤を「Oracle Cloud Infrastructure」で刷新

NO BUDGET

2024-02-08 07:05

 第一三共は、社内6000人が活用する営業支援システムの基盤部分を「Oracle Exadata Database Service」と「Oracle Cloud VMware Solution」で刷新した。これにより、最も時間を要する月末月初の処理時間は約35%短縮化され、システム運用者の待機時間も削減された。最も重要な性能要件となっていた夜間バッチ処理も翌朝までに確実に終了しているという。日本オラクルが2月6日に発表した。

 従来の営業支援システムは、医薬品卸から医療機関に届けられた医薬品の納入状況を記録するシステムを含む16のシステムで構成されていた。これらのシステムは「Oracle Exadata」とVMwareの仮想サーバー約80台で運用されていた。

 今回の取り組みでは、日立医薬情報ソリューションズと日本オラクルのコンサルティング部門の支援により、2022年8月から設計を開始している。その後、インフラ環境の構築、データベースのバージョンアップ、データベースとアプリケーションの移行、検証などの工程を経て、2023年8月にOCIへの切り替えを完了した。

 また、Oracle Exadata Database Service、Oracle Cloud VMware Solutionの移行性の高さ、「Oracle Real Application Testing(RAT)」を活用したSQLとデータベースの性能テストなどによって移行リスクを最小化し、期間内での確実な移行と安定した稼働を実現している。

 業務要件の変更に伴うシステムの刷新に当たり、データの処理と提供を迅速に行えるようにするとともに、月末月初の処理で発生する高い負荷に耐えられるシステムの安定性と可用性を確保することが重要となった。また、売上管理や医療情報担当者(MR)などの社内ユーザーの営業活動に支障をきたさないように、システムダウンを避ける必要があった。また、計画された期間内にシステム移行を完了させ、これまでのシステム運用にかかっていたコストを減らすことも求められていた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]