トップインタビュー

AIをDevSecOpsプラットフォームに“編み込む”--GitLabのCSOが語るビジネス戦略

河部恭紀 (編集部)

2024-02-16 07:25

Ashley Kramer氏
Ashley Kramer氏

 DevSecOpsプラットフォーム「GitLab」を提供するGitLabは、日本を含めグローバルで事業を展開し、同プラットフォームのユーザー数は3000万を超える。最高戦略責任者(CSO) 兼 最高マーケティング責任者(CMO)を務めるAshley Kramer氏に同社のビジネス戦略や強みなどを聞いた。

 まず、Kramer氏は、ソフトウェアをより早く提供する上で、3つの課題があることが顧客の声から分かったと述べ、「人」「プロセス」「技術」を挙げる。

 人の問題として、企業は、できるだけ早くイノベーションを進めようとするが、より少ないリソースでやろうとする。プロセスについては、ソフトウェア開発プロセスにセキュリティを組み込むことが重要となっている。GitLabが5000人の企業幹部に対して2023年に実施した調査によると、74%が開発ライフサイクルにセキュリティを統合することを考えているという。技術では、開発やセキュリティ、運用の担当者にバラバラのツールが与えられていることがある。66%の組織はこれらを統合したいと考えている。

 組織が下図で示すような状態になることで効率性、コラボレーション、セキュリティにおいて難しさが生じるとKramer氏は述べる。また、一つ一つ分断したツールを使うことはコストを上げ、それらの統合を管理するのに人員が必要となり、イノベーションに充てることできなくなるためだと同氏。

画像1
提供:GitLab

 2024年における日本における技術投資と課題についてGartnerが実施した調査によると、効率性を高めていくためにAIや機械学習(ML)を2026年までに導入するとの回答は90%だったという。80%がサイバーおよび情報セキュリティへの投資を増強し、66%は、営業利益を上げていくために技術投資が重要としている。

 GitLabはAI駆動型DevSecOpsプラットフォームを提供することで、このような課題を解決するという。ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)全体における開発、セキュリティ、運用のニーズに対応するとKramer氏は力を込める。

 同プラットフォームを使うことで、組織は、より良い洞察と高い効率性を得ることが期待できる。また、SDLCに含まれる全担当者が単一のプラットフォームを使用することで、コラボレーションが容易になり、タイムトゥバリュー(TTV)も短縮できる。さらに、チームの規模が大きくなるに従い、開発、セキュリティ、運用の担当者全員に容易な適用を提供するという。

 AI駆動という言葉を使っている理由について、SDLC全体でAIを“編み込んでいる”ためとKramer氏は説明する。

 AIが開発という文脈で語られる時、開発者がコードをより早く書けるよう支援するというような理解になることが多いが、同社の調査によると、開発者の時間のうちコードを実際に書いているのは25%にすぎないという。そのため、GitLabでは、コードを早く書くことを支援する機能とともに、セキュリティの向上、より良い文書作成、テストの自動化、オンボーディングの短時間化、計画の改善という残り75%に該当する部分にも目を向けているという。

 これら一連のAI機能は「GitLab Duo」として提供されているが、SDLCにAIを密に組み込んでいるだけではなく、プライバシーや透明性も重要視しているとKramer氏。企業の知的財産であるコードが、社内にとどまり、モデルの学習に使われないようにする必要があるとGitLabでは考える。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]