PDF Report at ZDNET

NTTの「IOWN」普及へ、さまざまな取り組みで進むプロジェクト

PDF Report@ZDNET

2024-02-13 07:25

 NTTは、自社開発する次世代通信基盤「IOWN」において、消費電力を大幅に削減する技術を開発したと一部メディアで1月30日に報じられた。

 米Intelなどの半導体製造企業と連携する。半導体基板上における計算と記憶の転送を、従来の電気通信から光通信に変えるという内容だ。電子処理を光に置き換える「光電融合」と呼ぶ技術を用い、半導体内部に組み込むことで消費電力を大幅に削減できるという。

 IOWNは、データドリブンな社会へと転換する中で、データ量の増加や消費電力の増加、ネットワークの遅延などの課題を解消できると期待されており、NTTが世界の企業とパートナーシップを組みながら進めているプロジェクトだ。

 IOWNを取り巻く最新の状況が分かる記事を集めた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]