JR九州、AI活用で線路点検を自動化--ボルトの緩みなどを検出・判定

ZDNET Japan Staff

2024-02-14 10:09

 九州旅客鉄道(JR九州)は、AI技術を用いて線路点検の自動化を推進している。線路を歩いて点検する従来の方法と異なり、厳格な鉄道安全要件を満たしながらも点検速度、コスト、精度の向上を図る。

 JR九州は新幹線の運行会社として高い安全性が求められ、入念な線路点検を定期的に行う必要がある。その効率と精度を向上させるために、Tokyo Artisan Intelligence(TAI)が提供するソリューションを採用し、高速画像処理や高度なAI機能を活用して、ボルトの緩みをはじめとする線路に関するさまざまな問題を検出、判定している。

 線路点検ソリューションの中心には、時速12マイル(約19km)で線路を点検するカートに取り付けられたビジョンコンピューティングボックスがある。このボックスには、前後のデータや画像を処理するAIエンハンス機能のためにFPGAベースの「AMD Kria K26 System-on-Module(SOM)」を搭載した高速カメラが備わっている。

 Kria K26 SOMは、DDRメモリー、不揮発性のストレージデバイス、セキュリティモジュール、アルミニウム製のヒートスプレッダーを備えたカスタムビルドの「AMD Zynq UltraScale+ MPSoC」を統合した、コンパクトで複数の要素と機能を1つにまとめた組み込みプラットフォームである。

 AMDでは、鉄道は自然環境の中に設置されるため、日々変化する自然条件に合わせてKria SOMを更新できる能力は極めて重要であり、将来の投資にもつながるとしている。

 JR九州 新幹線部工務課課長代理の坂口和弘氏は、「TAIとAMDの新しいソリューションにより、従来の線路点検の効率を向上させることができた。将来的に機能を拡張していくことで、点検効率のさらなる向上を期待している」とコメントしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]