リンガーハット、人事労務SaaSと社内システムをノーコードでデータ連携

ZDNET Japan Staff

2024-02-14 12:38

 外食チェーン大手のリンガーハットは、アステリアが提供するデータ連携(EAI/ESB)ツール「ASTERIA Warp Core」を採用した。人事労務SaaS「SmartHR」と給与・勤怠管理システムのデータ連携をノーコードで実現した。

 長崎ちゃんぽん専門店などを運営するリンガーハットは、2019年から顧客満足度の向上や業務効率化を目指し、ITを活用したDX施策を推進している。その一環として、人事労務管理のデジタル化を検討していた。特に、全店舗トータルで毎月約300人の新規雇用・退職者が発生し、店舗責任者はそれらの業務に日々追われる状況だった。既存のシステムでは給与計算や人事労務管理のシステムが連携しておらず、重複作業が多く業務負荷が増大していた。また、本社の総務人事チームと店舗間での紙を用いたアナログな処理が非効率という課題も抱えていた。

 そのため、リンガーハットはSmartHRを導入し、勤怠管理システムや給与情報システム「OBIC7」とSmartHRの連携基盤としてWarp Coreを採用した。これにより、社内で稼働するシステムとSmartHRの連携基盤をノーコードで開発し、工数を削減した。また、複数システムの連携により、人事関連の手続きが整流化され、人事労務管理業務が軽減された。店舗責任者は店舗運営や人材育成に専念できるようになった。

各種システムとの連携イメージ(提供:アステリア)
各種システムとの連携イメージ(提供:アステリア)

 さらに、これまで本部と店舗の間で紙による人事情報や給与明細のやりとりが行われていたが、これをシステム化することで年間10万枚以上のペーパーレス化を実現した。これにより、就業環境の改善と従業員満足度の向上に貢献している。

 今後もリンガーハットは、統合基幹業務システム(ERP)の刷新プロジェクトなど、業務効率化を目指してWarp Coreを活用する予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]