カプセルトイ「手のひらネットワーク機器」に新版--フロントベゼルにギミックも

ZDNET Japan Staff

2024-02-26 10:05

 玩具メーカーのターリン・インターナショナルは2月26日、ネットワーク機器をミニチュア化した玩具製品の最新版「カプセルトイ 手のひらネットワーク機器2」と、2023年6月発売の第1弾製品をリニューアルした「カプセルトイ 手のひらネットワーク機器1.1」を発表した。自宅にいながらデータセンター構築の気分を味わえるという。

「カプセルトイ 手のひらネットワーク機器2」の構成 「カプセルトイ 手のひらネットワーク機器2」の構成
※クリックすると拡大画像が見られます

 カプセルトイ 手のひらネットワーク機器は、システムインテグレーターのエーピーコミュニケーションズ(APC)が企画・総合監修し、企画に賛同した国内外のIT機器メーカーが監修している。賛同メーカー各社のルーターやスイッチ、セキュリティアプライアンスなどの機器をラインアップし、機器本体に加えて機器を収容するサーバーラックや冷却ファン、電源タップ(PDU)、LANケーブル、棚板までもミニチュア化、同梱している。

 APCによると、A10ネットワークス、シスコシステムズ、古河電工が監修した第1弾製品は、発売直後に全国各地で売り切れが続出し、同年9月に再発売するなど、累計10万個以上を販売したという。

 第2弾となるカプセルトイ 手のひらネットワーク機器2では、APRESIA Systems、Extreme Networks、フォーティネットジャパンに加え、「手のひらサーバーもぜひ」との思いで企画に賛同したというグローバルサーバーベンダーの1社(報道発表上では非公開)が監修し、サーバーが新たに追加された。さらに、一部機器でフロントベゼルを取り外せるギミックが実装されている。第1弾製品の機器とLANケーブルを相互接続でき、複数のLANケーブルをまとめるケーブルホルダーを使って美しいケーブリングに挑戦することもできる。

「カプセルトイ 手のひらネットワーク機器1.1」の構成 「カプセルトイ 手のひらネットワーク機器1.1」の構成
※クリックすると拡大画像が見られます

 第1弾製品をリニューアルした手のひらネットワーク機器1.1では、LANケーブルの配色が青と黄の2色に変更され、カラフルなケーブル環境を構築できるようになった。

 手のひらネットワーク機器1.1と同2は、6月中旬から全国のカプセルトイ自販機コーナーで順次販売し、1回500円(税込み)となっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]