大林組、業務プロセスの変革に向けNECと連携--「建設PLMシステム」を構築

NO BUDGET

2024-03-01 11:20

 大林組はNECと連携し、設計から施工、アフターサービスを通して建築物の構成情報を一元管理する「建設PLM(Product Lifecycle Management)システム」の構築を開始した。このシステムは大林組のDX戦略に基づく、BIM(Building Information Modeling)生産基盤の強化をはじめとした業務プロセス変革の中核に位置付けられる。

 建築物の構成情報とは、設計から積算見積、施工を経てアフターサービスに至る一連の建設プロセスにおいて、予算管理や部材管理などに用いられる業務情報のこと。

 同システムは、NECのPLMソフトウェア「Obbligato」に、建築物の構成情報を記述したBIMから抽出した情報を格納し、各種マスタと関連付ける。建築物の構成情報を一元管理することで設計からアフターサービスまで幅広い業務に利活用する基盤となる。

建設PLMシステムの概要
建設PLMシステムの概要

 建築物の構成情報は、業務プロセスを横断して管理されるべきだが、実際は部門やシステムごとに管理され、プロセスを横断した活用が困難な状態だった。同システムは、BIMを起点とし、分断された情報を1つのプラットフォーム上で統合することによりデータの整合性を確保し、業務の迅速化・高度化を可能にするという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]