海外コメンタリー

生成AIに対する社内の需要に応えるには--CIOが注意すべき5つのポイント

Mark Samuels (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2024-03-29 06:30

 企業の経営幹部は、生成型の人工知能(AI)を積極的に利用したがっている。調査会社Logicalisが毎年公開している、今回で10回目になる調査レポート「CIO Report」によれば、社内の生成AIに対する需要が、最高情報責任者(CIO)やIT専門家に大きなプレッシャーを与えているという。

ドミノが倒れていく様子
提供:Eugene Mymrin/Getty Images

 LogicalisのグループCIOを務めるToby Alcock氏は、この調査結果はCIOが難しい状況に置かれていることを示していると語った。他の部門は、生成AIによる生産性向上やコスト削減などのメリットについては耳にしていても、新しい技術を取り入れる際の課題については十分に理解してないことがある。

 Alcock氏は米ZDNETの取材に対して、「AIや、AIができることに対する期待には誇張も多い」と述べた。「ビジネスサイドの関係者は、生成AIは万能であり、何でもできると考えている。しかし、さまざまなベンダーから出ている製品の中身を見れば、その能力はAIとは何の関係もないことが多い」

 CIOがAIに対する社内の需要を適切に管理したいのであれば、事業部門の役員と、以下で説明する5つのポイントについて率直に話し合うべきだ。

1.できることを明確にする

 2024年のCIOの最優先課題は、AIをビジネスにきちんと組み込むことだ。Alcock氏によれば、世界のCIO 1000人を対象とした今回の調査に回答したIT担当役員の89%が2024年中に所属組織にAIを導入したいと考えており、85%がAI開発に予算を付けていた。

 「調査対象が幅広い市場、業界、顧客に及んでいることを考えれば、回答者の大多数がこの技術に期待を寄せていることは、影響が非常に大きいことを示している」とAlcock氏は言う。「多くのCIOは、AIの最新の流行や技術に積極的に取り組んでいることを証明したがっている」

 ただし、Alcock氏は、CIOは需要を適切に管理する必要があると警告を発した。

 「成功するためには、AIで得られるチャンスを現実的に評価すべきだ。わが社が顧客と議論をする際には、何ができるかを明確にするように努めている」と同氏は述べた。「誇張された言説は切り捨てて、現実的なビジネスバリューを速やかに提供すべきだ。そして、AIに対するさらなる投資を正当化できるエビデンスを手に入れることが望ましい」

2.AIに関するスキルを養う

 CIOはまた、事業部門が生成AIを最大限に活用できるスキルを持てるようにしなければならない。幸いなことに、調査では、IT担当役員の87%がすでにAIを使った業務効率化の流れを確立していることが分かっている。しかしAlcock氏は、AI市場はまだ歴史が浅く、そこで優れた人材を見つけるのは困難だと指摘した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]