「Terraform Cloud」、プロジェクトの概要ページを刷新--VCS接続の範囲も制御可能に

河部恭紀 (編集部)

2024-04-05 16:18

 HashiCorpは米国時間4月4日、「HashiCorp Terraform Cloud」において、新しいプロジェクトの概要ページを導入し、バージョン管理システム(VCS)接続のプロジェクト範囲も制御できるようにしたと発表した

 新しいプロジェクトの概要ページは、アクセスしている全プロジェクトの閲覧・検索を可能にする。各プロジェクトに関連したチームやワークスペースの数の概要も表示する。

画像1
出典:HashiCorp

 プロジェクトをクリックすると、新しい専用ページが表示され、プロジェクト内の全リソースを一覧し、ワークスペース名やヘルスといったキープロジェクトの詳細を表示する。このページから「Settings」をクリックし、プロジェクトやそれにアクセス可能なチームを管理できる。

画像2
出典:HashiCorp

 プロジェクトによってはプロジェクト名が長くなり、ワークスペース表示のサイドバーに収まらなくなる場合があるという。そのため、ワークスペースの閲覧用に設計された表示に制限されない、より良いブラウジング体験がプロジェクト用に必要とされていたとHashiCorpは説明する。

 VCS接続のプロジェクト範囲の制御は、特定のVCS接続からリポジトリーを利用できるプロジェクトを制限したい場合、選択されたプロジェクト内のワークスペースに接続を限定することを可能にする。デフォルトでは、各VCS接続は組織内の全ワークスペースで利用できるようになっている。

画像2
出典:HashiCorp

 単一のTerraform Cloud組織内では、複数のVCS接続を定義し、リンクされたワークスペースで利用可能にできる。しかし、これまでは、この接続の範囲を制限する方法がなく、複数のVCSプロバイダーを使用する組織や、プロバイダー内でセグメント化されたデプロイがあり、異なるチームや事業部が運用する組織にとって課題となっていたと同社は説明する。このような環境では、エンドユーザーを必要なプロバイダーやデータに制限することが望まれ、多くの場合必要となる。これにより、ミスのリスクが減り、他のチームからの機密情報が漏えいするのを防止するという。

 この新機能により、VCS環境を分離するためだけに複数のTerraform Cloud組織を維持するという追加のオーバーヘッドを防ぐことができる。また、使う必要のあるVCSプロバイダーだけにアクセスできるよう制限するという、より安全なセルフサービスのためのガードレールを追加することで、エンドユーザー体験をシンプルにできると同社は語る。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]