HashiCorp、「HCP Packer」でアーティファクトのPackerバージョンを確認可能に

河部恭紀 (編集部)

2024-04-24 13:55

 HashiCorpは米国時間4月23日、「HashiCorp Cloud Platform(HCP)Packer」と「Packer Community Edition」最新版(1.10.1+)において、Packerおよびプラグインのバージョン追跡機能を利用可能にした。

 HCP Packerは、仮想マシンやコンテナーなどのイメージアーティファクトをあらゆるクラウドやオンプレミス環境において大規模に管理する。今回の機能追加により、ビルドアーティファクト作成時にPacker Community Editionや関連プラグインのバージョンを迅速に確認できるようになった。

 ソフトウェアサプライチェーンにおけるセキュリティ要件が高まるにつれ、ベースイメージとビルドアーティファクトのガバナンスは極めて重要な懸念事項として認識されるようになっているとHashiCorpは述べる。アーティファクトがどこでどのようにビルドされたかという来歴が不明な場合、組織は、検証されていないソフトウェアコンポーネントによってセキュリティ上の脅威に直面することになるという。

 そのため、信頼できるアーティファクトだけの利用を確かにし、そのアーティファクトをライフサイクルの各段階で検証することにより、ソフトウェアサプライチェーンの完全性とセキュリティを維持する必要がある。しかし、アーティファクトの作成パイプラインに適切な可視性を組み込まなければ、アーティファクトの正当性とコンプライアンスを検証することは困難とHashiCorpは指摘する。

画像1
出典:HashiCorp

 Packerおよびプラグインのバージョン追跡機能により、HCP上でPacker Community Editionやプラグインのどのバージョンが各アーティファクトで使われているかが直接確認できる。この機能強化は、アーティファクトの作成で使われるツールにさらなる可視性をもたらし、この情報を問題解決やリスク低減に用いることで、アーティファクトの完全な来歴確認に向けたステップと同社はアピールする。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]