NEC、「cotomi Light」を搭載した専用アプライアンスサーバーを提供

NO BUDGET

2024-04-26 13:00

 NECは、自社開発の生成AI「cotomi」のサービスラインナップを拡充したと発表した。専用アプライアンスサーバー「cotomi Appliance Server」を、ソフトウェアやサービスと組み合わせたソリューションとして6月から販売する。2025年度末までに約500億円の売り上げを目指すという。この専用アプライアンスサーバーには、軽量で高性能な「cotomi Light」を搭載する。

 cotomi Lightは、世界トップクラスの日本語能力を持つ生成AI。パラメーター数をコンパクトに抑えることで、モデルの省電力化・軽量化・高速化を実現し、運用コストを抑制できる。

 今回開発した専用アプライアンスサーバーは、NVIDIA GPUを搭載しており、「推論モデル」と「推論+ファインチューニングモデル」の2モデルを展開する。ユーザーの拠点へ設置することで、レスポンス時間が短く、セキュアな生成AI利用環境が可能になる。

 オンプレミス環境での利用は秘匿性の高い業務に適しており、金融業とコンタクトセンターでの活用が期待できるという。また推論+ファインチューニングモデルを活用することで、ユーザーの業務に特化させた生成AIモデルを短期間で構築できるとしている。

 さらに同サーバーを利用するユーザーには、用途に合わせたプロンプトテンプレートの設定など、cotomiの利用に必要な機能をソフトウェアにした「NEC Generative AI Framework」を合わせて提供する。これによりプロンプトエンジニアリングなどの専門知識が不要で、ウェブ画面での簡単な操作により「cotomi」を活用できる。

NEC Generative AI Serviceメニュー
NEC Generative AI Serviceメニュー
LLMの提供形態
LLMの提供形態

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]