ラズパイをより身近に

「Raspberry Pi 5」に「M.2 HAT+」を使ってM.2周辺機器を接続

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2024-06-08 08:30

本記事の要点

  • 「Raspberry Pi 5」向け「Raspberry Pi M.2 HAT+」は、CanaKitPiShop.USSparkfunから約12ドルで注文できる。
  • このHATを使えば、M.2周辺機器をRaspberry Pi 5に簡単に接続できる。
  • 特定の状況下では過熱を引き起こす可能性もある。
提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET
提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET

 Raspberry Pi 5は、間違いなくこれまでで最高の「Raspberry Pi」だ。前モデルと違って、かなり簡単に入手可能で、さまざまなプロジェクトの構築に利用できる堅実かつ強力なプラットフォームだ。さらに、Raspberry Pi 5はシングルレーンのPCI Express 2.0インターフェースも備えているため、NVMeドライブやAIアクセラレーターなどのM.2周辺機器を簡単に接続できる。

 筆者がテストしたいと思っていたRaspberry Pi用HAT(Hardware Attached on Top)がある。Raspberry Pi M.2 HAT+だ。実際に使用してみて、筆者は感銘を受けた。このアドオンにより、Pi 5を興味深いプロジェクトで使用することが可能になる。

Raspberry Pi M.2 HAT+

  • PCIeインターフェース:PCIe 2.0(ユーザーが3.0に変更することも可能)
  • M.2の互換性:M-Key 2230とM-Key 2242
  • 電力:最大3アンペア
  • パフォーマンス:最大450MB/s
  • GPIO:付属の16mmスタッキングヘッダー経由のパススルー
  • 本体サイズ:65mm×56.5mm
  • 付属品:16mmスタッキングヘッダー、ねじ付きスペーサーとねじ、M.2周辺機器を固定して支えるためのローレット付きダブルフランジつまみねじ

 短いリボンケーブルを使用して、M.2 HAT+をPi 5ボード上の16ピン、0.5mmピッチのFPCコネクターに接続する。

このケーブルでHATをPi 5に接続する。提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET
このケーブルでHATをPi 5に接続する。
提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET

 通常、このコネクターは簡単にアクセスできるが、筆者のPi 5はすべてケースに入っているため、ボードを取り出して、PCIeケーブルを接続する必要があった。

Pi 5をケースから取り出して、PCIeケーブルを接続する。提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET
Pi 5をケースから取り出して、PCIeケーブルを接続する。
提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET

 手が小さい人や忍耐力のある人なら、ボードをケースに入れたままケーブルを接続できるかもしれないが、筆者は手が大きく、忍耐力もない。

 GPIOピンを使用する必要がある場合や、将来的にGPIOピンが必要になりそうな場合は、スタッキングヘッダーを取り付けて、ヘッダーをHATで使えるようにすることを忘れないでほしい。

スタッキングヘッダーを忘れないように注意してほしい。提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET
スタッキングヘッダーを忘れないように注意してほしい。
提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]